「にやける」の正しい意味と使い方 誤用多し!漢字で書ける?

にやける

「彼は、にやけた男だ」という表現から、どんな男性を想像しますか?

「にやにやと笑っている男」と答える人が多いと思いますが、実は、違います。

どのような男性か、一言でいうと、「オネエ」?

-----スポンサーリンク-----

にやけるの意味・由来

「にやける」は、「にやけ(若気)」を動詞化した語で、漢字で書いたら、「若気る」となります。

「若気」は鎌倉・室町時代では男色(男性の同性愛)の相手のことでした。

そのころ、男色は不道徳なことではなく、身分の高い人が相手として少年を側に置くこともあったのです。

その相手の少年が「若気」です。

ここから、「若気る」が「男が女のようになまめかしい様子をする」ことを表すようになりました。

にやけるの使い方・例文

正しい使い方

男が、なよなよしているという意味です。

女性に使うのは、本来の使い方ではありません。

例:服にばかり気をつかって、あいつは本当に、にやけたヤツだ。

例:化粧するなんて、にやけた男だな。

間違った使い方

「にやける」の音から連想して「にやにやする」、つまり「声を出さずに、薄笑いを浮かべる」と思う人が多いのですが、間違いです。

また、本来は男性にしか使わない言葉ですから、「なまめかしい」という意味であっても、女性に使うのは誤りです。

× 私は彼との結婚を想像すると、つい顔が、にやけてしまうの。
 
× 彼は漫画を読みながら、にやけている。

別の言葉で言い換えると?

正しい意味の「にやける」に近い言葉は「なよなよする」「女っぽい」「軟弱」などでしょうか。

現代語の「チャラチャラする」も、近い言葉かもしれません。

やにさがる

ところで、「やにさがる」(漢字では「脂下がる」)という言葉をご存じでしょうか。

江戸時代の言葉で、「男性が得意になってにやにやする。気取る。」という意味です。

たばこを吸うとき、キセルの雁首(たばこを詰めるところ)を上にあげて反り返った姿勢になると、ヤニが吸い口の方に下がってきます。(だから「ヤニ下がる」)

キセルの雁首を上げた姿が、いかにもカッコをつけた様子に見えたので、「やにさがる」は、「気取る」「得意気になる」という意味で使われるようになりました。

男性の様子を、批判的に表した言葉という点で、「にやける」と「やにさがる」は、類似点がありますね。

まとめ

  • 「にやける」とは、男がなよなよとしている様子。
  • にやにやと薄笑いを浮かべることではない。

「にやける」も、意味を間違って覚えている人が多い言葉です。

文化庁の調査(平成23年度)では、「にやける」の意味を、正解の「なよなよとしている」と答えた人は14.7%で、誤りの「薄笑いを浮かべている」と答えた人が76.5%でした。

小学生の時の担任の先生のことを思い出しました。

その先生は、生徒を実によく(ハンカチを忘れたくらいの小さなことで)叱りました。

叱られると、小学生は照れ隠しにニヤニヤしてしまいます。

すると先生は、「にやけるな!」と怒鳴るのでした。

あの先生も、きっと「にやける」を間違って覚えていたのですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ