ノロウイルス予防のためのトイレ掃除の仕方・もし感染した場合はどうする?

ノロウイルス

冬になるとよく耳にするノロウイルス

皆さんは、どう予防をしていますか?

「ノロウイルスってどう対処するの?」という方もいるのではないでしょうか。

私は前職が保育士だったので、対策と予防について色々と勉強をしてきました。

今回は、実践していた方法を皆さんにお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは、ウイルス性食中毒と呼ばれる感染症胃腸炎です。

ウイルス性感染は、乾燥時期の冬場に流行する傾向があり、時にノロウイルスは10月から2月にかけての発症率が高いです。

食中毒の原因としては、冬場が旬となる牡蠣が感染源のひとつと言われています。

どんな症状が出る?

ノロウイルスには、潜伏期間(感染から発症までの時間)があり、24~48時間で発症します。

主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱だけの場合は軽度です。

特に下痢は、水みたいな便が出るのが特徴です。

これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。

感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあるそうです。

◆引用:ノロウイルス症状【厚生労働省】

ノロウイルス対策にはトイレ掃除が重要?

ノロウイルスの感染源には、大きく分けて2つあります。

食中毒とノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物からの感染です。

感染者の便や嘔吐には、大量のウイルスが排出されています。

その際、直接手に触れないよう注意しても、口にはねて入ったり、処理後の清掃を怠ると瞬く間に感染していってしまいます。

処理物からの感染の可能性はとても高いので、トイレのお掃除や感染者のトイレ使用後の対応はとても重要です。

ノロウイルスを予防するトイレ掃除方法

ノロウイルスを予防する為に、普段からどのようにお掃除をすればいいかご紹介します。

用意するもの

  • ゴム手袋
  • トイレクイックル
  • ピューラックス(次亜塩素ナトリウム)
  • アルコールスプレー
  • 便器ブラシ
  • トイレマジックリン

ピューラックスは、殺菌効果・不活性効果があります。

原液での使用は非常に危ないので、専用ボトル又は市販のボトルで薄めて、目安量を守って使用しましょう

トイレ掃除の際は、ゴム手袋を使用して、お掃除を始めましょう。

壁・床・ドアの掃除

壁には、目で見えない汚物やばい菌が付着しています。

ピューラックスをスプレーし、壁やトイレットホルダー等手に触れる場所を拭き掃除をしましょう。

床やドアノブ・ドアも同様に拭き掃除をしていきます。

便器の掃除

便器の蓋や便座は、トイレクイックルにて拭き掃除をします。

便器は、トイレマジックリンにて、排水部分やトイレのふち裏もしっかりお掃除しましょう。

トイレのふち裏はこまめにお掃除をしないと、汚物が付着して真っ黒になってしまいます。

水道蛇口の掃除

手洗い場も菌が発生する箇所です。

アルコールスプレーを吹きかけて、しっかり拭き掃除をしましょう。

-----スポンサーリンク-----

感染した場合の掃除はどうする?

ノロウイルスは、潜伏期間⇒発症してもすぐに治癒するわけではなく、回復期という期間が1~2週間ほど続きます。

回復期は2次感染をしやすい時期にもなるので、感染した期間(2週間)ほどは、感染者がトイレ使用後は必ず清掃をしましょう。

用意するもの

  • 使い捨て手袋
  • ゴミ袋
  • ピューラックス
  • アルコール消毒スプレー

感染者がトイレ使用後は、多くの菌が排出されているため、必ず使い捨てが出来る手袋を使用し、使用後はゴミ袋に捨てましょう。

使い捨て手袋は、100均でも30~50枚入りの物が売っていますし、ゴミ袋はコンビニ等の袋をとっておいて使用すると便利です。

手に触れた部分の消毒

感染者が手に触れた部分は、アルコール消毒でスプレーをしましょう。

ドアノブ・壁・トイレットペーパーホルダー・水を流すレバー等細かな部分にもスプレーを忘れないように!

便器の掃除

便器はピューラックをスプレーし、トイレットペーパー等流せる物で拭き取りましょう。

ゴミ処理

清掃で出たゴミは、外に出さずに予めゴミ袋を持って行ってその場で捨てて密封してください。

ノロウイルスの汚物処理方法

ノロウイルスの2次感染を防ぐためには、適切な処理の仕方を心掛ける必要があります。

用意するもの

  • マスク
  • 使い捨て手袋
  • ピューラックス
  • アルコール消毒
  • ペーパータオル等使い捨て可能な紙
  • ゴミ袋

マスクと手袋を着用する

嘔吐物を処理する際に、口に汚物が入ってしまう可能性があります。

マスクと手袋をしっかり着用して、処理を行いましょう。

換気する

窓が開くトイレや部屋であれば、換気をしてお掃除をしましょう。

汚物除去は丁寧かつスピーディーに

ペーパータオル等で汚物を処理し、汚物があった場所はピューラックスをスプレーしましょう。

汚物は、時間がたってしまうと乾燥して空気感染する可能性があるので、嘔吐後はスピーディーに処理をしましょう。

ゴミ袋に密封して捨てる

汚物や処理に使用したペーパー、マスクや手袋等すべてゴミ袋に密封し捨てましょう。

上記の物がひとまとめに入っている汚物処理緊急固定剤もあります。

ゲロポン凝固剤、除菌剤セハノール、ポリ手袋、マスク、手提げポリ袋、ペーパータオル、ヘラ、箱(組み立て式チリトリ兼用)が1セットに入っている汚物処理商品です。

ひとつ置いておくと、緊急時にすぐ必要な物を手に取って安全に処理が出来るので、とても便利です。

ノロウイルス予防グッズ2つ

市販の物でも、ノロウイルスを予防できる商品があります。

ノロパンチ本体

従来のアルコールでは効きにくい広範囲のウイルス・細菌に対応しています。

トイレ掃除はもちろん、汚物処理の際にも使用する事が出来ます。

クレベリンスプレー

二酸化塩素はウイルス・細菌を除去し、カビの生育を抑制してくれます。

トイレ掃除や汚物処理はもちろん、生ゴミ等の不快な臭いを消臭にも使用できます。

クレベリンG 60g の置き型タイプもあり、トイレやお部屋などに置くことで、 空気中のウイルス・菌・臭いを除去し、風邪予防・インフルエンザ・ノロウイルス の予防をしてくれます。

まとめ

  • ノロウイルスは、冬場に流行る感染症胃腸炎
  • トイレには、大量のウイルスが排出されている
  • 掃除は、手や肌が触る場所へ殺菌効果のあるスプレーを
  • 感染者のトイレ使用後は、必ず掃除をする
  • 汚物処理はスピーディー且つ正確に
  • 予防グッズでウイルス対策

ウイルス感染をしない為に、もちろん手洗いは必須です!

手洗いうがいを徹底し、トイレ掃除で菌の増殖を抑える事で、ウイルス予防をしていきましょう!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ