服の整理整頓術!クローゼットやタンスにスッキリ収納するコツとは?

整理整頓 服

おしゃれは好きですか?

私も洋服は好きで、月に1回は洋服を買っています。

ただ、洋服を整理するのって意外と大変ですよね。

おしゃれをしようとすると、コーディネートに右から左へ洋服を出してしまい、せっかく洋服を綺麗に整理しても、すぐにぐちゃぐちゃになっちゃうなんて方も多いのではないでしょうか。

私もその一人だったりします。

そんなあなたへ、服の整理整頓術!クローゼットやタンスにスッキリ収納するコツをお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

服を整理する3つのメリット

洋服を整理しておくと、「3大楽」が出来てハッピーになるかも。

毎日の洋服選びが「楽」しくなる

洋服の整理をしておくことで、どこにどんなアイテムがあるのかを把握しておくことが出来ます。

毎日楽しくコーディネート出来る時間が増えそうです。

整理が出来ていないと、洋服探しに時間をとったりしてイライラしてしまいます。

せっかくのおしゃれがイライラする時間にするのは、とてももったいないことです。

楽しく洋服選びをしたいですもんね。

毎日の洋服選びが「楽」になる

洋服を整理しておくことで、洋服が出しやすくなります。

着たい洋服を引っ張り出したら、余計な服も一緒に出てきてイライラなんてこともなくなります。

毎日着る物だからこそ、楽に選びたいですね。

洋服選びが楽になると、おしゃれがより楽しくなります。

色々な時短が出来て、「楽」しい時間が作れる

洋服選びって意外と時間をとりませんか?

ただでさえ時間がかかるのに、整理されてないクローゼットだと余計手間がかかって無駄な時間が増えてしまいます。

せっかく着たい服を見つけても、しわだらけでアイロンを掛けないといけないなんてなったら尚、時間をとりますね。

普段から洋服の整理整頓をしておくことで、そんな余計な時間をとらずに過ごすことが出来ます。

洋服を綺麗にしておくことは、最高の時短であり、たくさん楽が出来て楽しく時間を作ることが出来ます。

-----スポンサーリンク-----

クローゼットの収納術

クローゼットは、ちょっとしたアイテムを使用して広く活用しましょう。

洋服の掛け方のコツ

洋服は、色や丈を揃えて収納することで、とても綺麗に収納することが出来ます。

色の並び順は、白→赤系→緑系→青系→黒系と明るい色から暗い色の順番で並べていくといいです。

適当に洋服をかけていると、ごちゃごちゃして見てしまいますし、色順にしておくことで、「赤が着たいな」というときに、その色のエリアから好きなデザインを選ぶことが出来るので一石二鳥です。

丈の並び順は、短い服から長い服と並べていくといいです。

丈違いの服をバラバラにかけてしまうと、クローゼットの下の部分がうまく活用できないことと、これも色と同様ごちゃごちゃして見えてしまうのでスッキリまとまりません。

洋服の掛け方に少しの工夫を加える事で、より便利に効率的な活用をすることが出来ます。

収納棚活用のコツ

クローゼットの下の部分は、収納BOXで洋服をしまう事が出来ます。

よくホームセンターで売っている透明の収納ケースを入れても良し!

段ボールで手作りしても良し!

段ボールを使用する場合は、段ボールの閉め口部分を内側に折り込んで養生テープで留めるとより強度が上がります。

クローゼットの幅に合わせて、収納ケースを使用することで、洋服を畳んで入れたり、ちょっとした小物をしまったりと便利に活用できます。

掛けて収納するコツ

ベルトやバックは、S字のフックを使って掛けておくことが出来ます。

普段よく使う物は掛けておくとシワもつかずに便利です。

ただ、あまり量が多いと絡まってしまいますので、普段あまり使わないものは収納ケース等にしまっておく方がいいです。

タンスの収納術

タンスの収納は、洋服の畳み方や入れ方を工夫することで、スッキリしまう事が出来ます。

丸めて収納

洋服をくるくるっと海苔巻のように丸めて収納する方法です。

シャツや下着は丸めて収納することで、幅を取らずにスッキリしまう事が出来ます。

丸めるコツとしては、横幅を合わせて丸める事!

幅がまばらになってしまうと、見た目もスッキリしませんし、カチッとタンスにはまらなくなってしまうので、横幅は同じ幅になるように心がけましょう。

箱を活用して収納

100均などで売っている小さめのBOXを使用して、下着や靴下などを分けて収納する方法です。

仕切りがあることで、洋服がまざらないし、綺麗に収納することが出来ます。

洋服は横に重ねて収納

洋服を上に重ねてしまってしまうと、下の物が見えないので探すのに手間がかかります。

上に重ねずに、お団子のように横に重ねていくことで、着たい洋服を一目瞭然で見つける事が出来ます。

この際も、洋服の幅は揃えてると綺麗に収納することが出来ます。

畳み方を統一することで、より綺麗に収納しましょう。

収納に欠かせないおススメハンガー

面倒くさがりな方はもちろんですが、なんといっても洋服は掛けておくのが一番綺麗に収納できる方法です。

ただ、ハンガーって壊れやすいので安くて良いものが欲しいですよね。

綺麗な収納に欠かせないハンガーのおススメをご紹介します。

ノンスリップハンガー~コストコ~

ノンスリップハンガーは、掛けても落ちないハンガーです。

洋服を掛けて置くときにイライラするのって落ちる事ですよね。

せっかく洋服をかけても、するっと落ちてしまうと掛けるのが面倒になってしまいます。

掛けても落ちないハンガーなら、ストレスなく洋服を収納することが出来ます。

50本入りなんですが、1本当たり30円とコストパフォーマンスがいいのもお気に入りです。

ハンガー10本組(JMH-BK)~ニトリ~

ニトリのハンガーは、190円で10本入りなんて、なんといっても安い!

このハンガーは、くぼみがついているので、キャミソールなんかも掛ける事が出来て便利です。

落ちないハンガーだと、Tシャツとかは生地が絡まって掛けにくかったりするので

スルッと掛けれるハンガーが活躍してくれます。

引っかけるワイヤークリップ~無印~

こちらは、先端がクリップになっているS字フックです。

ポールや突っ張り棒に引っかけることで、帽子やストールなどもおしゃれに掛けておくことが出来ます。

他にも、洗面台やキッチンなど色々な場所で活用できるのでおススメです。

まとめ

  • 整理整頓をすることで、おしゃれを楽しもう
  • 収納は、色や丈、畳み方を統一する
  • ハンガーは、安くて万能な物を選ぶ

洋服を綺麗に収納することで、毎日のおしゃれを楽しんでください!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ