一人暮らしの部屋を簡単に整理整頓する方法3選!片付けが苦手な人は必見!

一人暮らし 整理整頓

整理整頓は好きですか?

私は、趣味と言っても過言でないほど、整理整頓が大好きです。

使いたい時に使いたい物が見つからない時ってイライラしますよね?

そんな余計なストレスから解放してくれるのが整理整頓です。

物の位置を把握しておくことは、究極の時短です。

それに、整理整頓は気持ちをスッキリさせてくれる力があると思います。

なかなか片づけが出来ない方でも今日からできる整理整頓術をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

部屋をきれいにしておくメリット5つ

部屋を綺麗にするとどんなメリットがあるのでしょうか。

幾つかご紹介したいと思います。

気持ちがスッキリする

私は小さい頃、「部屋の乱れは心の乱れ」と教わってきました。

なんか最近良いことがないなと思うときは部屋を見渡すようにしています。

部屋が汚れていると、不衛生で肌は荒れるし、物は見つからないし、良いことはひとつもありません。

部屋を綺麗にすると、風通しがよくなって気持ちもスッキリします。

自己管理が出来る

部屋を綺麗に保つことは、自己管理に繋がります。

自分で生活をするための自立と自分の心を律する自律。

自己管理には、どちらも必要なことです。

健康面や美容面、金銭面、人によって自己管理が難しいところは様々だと思いますが、まずは、自分の生活空間を管理するところから始めてみませんか?

それが出来るだけで、自分が管理できていない面が明白にわかるきっかけになります。

考えて行動出来るようになる

部屋を綺麗に保つためには、こうしたら良くなるかも?というアイデンティティーが必要です。

自分でイメージして、自分が使いやすいように、自分の為に行動する。

どれも社会に出ても必要なことです。

それが出来る事で、人の為にもこうしたらよくなるかも?と考えることが出来るようになると思います。

部屋の片づけは、アイデアを出して行動することです。

なかなか自分で考えて行動をとるのが苦手な方は、部屋の片づけから挑戦してもいいかもしれません。

部屋が清潔になる

当たり前ですが、部屋を綺麗にすることは健康には大事なことです。

特に慢性のアレルギーや片頭痛等持病がある方は、部屋を綺麗に保つことで予防が出来ます。

「肌荒れが酷くて」という友人の家に行ったら、部屋の床がゴミだらけだったことがあります。

自分で自分の首を絞めてどうするの?と思いました。

部屋を清潔にすることは、万病の元を取り除くことが出来ると思います。

時間を楽しめる

部屋が汚いことで、諦めた事柄はありませんか?

例えば、流行りのエクササイズのDVDをやりたいけど、部屋が汚くて出来ないとか、友達を呼びたいけど呼べないなど。

部屋を綺麗にしておけば、自分がやりたいことを妨げることがなくなります。

つまらない時間より楽しい時間を沢山作りたいですよね?

部屋を綺麗にすることは、楽しい時間作りなのです。

-----スポンサーリンク-----

部屋をきれいに保つ3つのコツ

そんなこと言っても、なかなか片づけが上手く出来ない!という方もいると思います。

大丈夫です。

ちょっとしたコツで、部屋が綺麗になるやり方をお伝えします。

細々した物はBOXを利用する

100均などで売っているカゴなどを利用して、細々したものを一気に入れてしまいましょう。

机の上に置いておくとごちゃごちゃしますが、箱に入れる事でスッキリします。

TVの近くに置きたい物は、TVの近くに。

美容関係で使いたい物は、美容でまとめてひとつの箱に入れておくことで使い勝手も良くなります。

箱に入れておくことで、部屋からリビングに行く際も必要な箱を持って移動できるので、便利です。

服を畳むのが苦手な方は、ハンガーを利用する

洋服の整理が苦手な方は、ニトリなどで売っている安いハンガー掛けを利用して、服はハンガーにかけるのもひとつです。

服を脱ぎっぱなしにして置いておくと、シワも出来るし、ホコリもついて良いことなしです。

アイロンをかける手間も増えてしまいます。

場所がない方は難しいかもしれませんが、少し余裕がある方はハンガーに掛けるのが一番綺麗に保てる方法です。

物ごとに場所を分ける

当たり前ですが、意外と出来ていないのがこれです。

本は本棚、服はタンスと決められた場所に決められた物を置くのって意外と難しいですよね。

なので、一度綺麗に場所を決めましょう。

自分の部屋なので、場所は好きに決めていいと思います。

ただし、場所を決めたら決めた場所へ物を必ず戻すこと。

ポストイットなどで色分けして書いておくと、片づけ欲が増すかもしれません。

やっぱり形から入るのは、気持ちを高めるのに大事なことです。

一番重要なのは、何でもゾーンを作ること

片づけようとしても、毎日継続するのって意外と難しいですよね。

そんな時には息抜きも必要です。

ただし、只で息抜きはしません。

整理整頓で一番重要なのは、毎日使い勝手がいい方法をとることです。

そこで、私は「何でもゾーン」や「何でもBOX」という場所を作っています。

何でもゾーンの作り方

私の場合は、スーパーのカゴサイズのBOXと机の引き出し一段を何でもゾーンにしてあります。

そこは、何も気にせずバッと物を置いて良い場所です。

疲れて帰ってきて、決められた場所にカチッと物を置くのが億劫な時は、何でもBOXにポイッと入れます。

整理整頓とは真逆な事を言っているように思うかもしれませんが、これも片づけ術のひとつなんです。

ポイッと部屋のどこにでも物を置いていくと、どんどん部屋は汚れるし、どこに何があるかわからなくなってしまいますよね。

だけど、何でもゾーンを決めておくと、所定の場所に物がない時に「ポイッと」した場所が特定できるのです。

何でもゾーンは片づけたくない時のオアシスでもあり、部屋を綺麗に保つためには必要不可欠な場所です。

片づけが苦手な方や面倒くさがりな方ほど、この何でもゾーンは作っておくことで、綺麗な部屋を長く保つことが出来ます。

ただし、あまり何でもゾーンを増やすと元も子もなくなるので、何でもゾーン・BOXは多くて3つくらいにしておくのがいいでしょう。

管理出来なくなってしまったら、意味がありません。

まとめ

  • 整理整頓はメリットがいっぱい
  • 片づけのコツは、長続きできること
  • 何でもゾーンで、息抜きの場所を

片づけ上手になることで、自分の生活を豊かにしていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

1件のコメント

  1. […] ◆もっと詳しく:一人暮らしの部屋を簡単に整理整頓する方法3選!片付けが苦手な人は必見! […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ