収まる・納まる・治まるの違い・意味と使い分け 予算内に「おさまる」はどれを使う?

収まる・納まる・治まる

もめごとなどにうまく決着がついた時、「まるくおさまる」と言いますね。

こんな時の「おさまる」には、どの漢字を使うのでしょう。

「おさまる」には、「収まる」「納まる」「治まる」など、いろいろな漢字があります。

今回は、いろいろな「おさまる」の意味や違いについて、調べてみました。

-----スポンサーリンク-----

収まるの意味・使い方

収まるの意味は、次のようになります。

1)物の中や、決まった枠の中に入ること。
2)問題が解決すること。納得すること。
3)混乱した状態が、もとのように整うこと。

例:荷物はロッカーに収めましょう。

例:皆さんのメッセージをビデオに収めて贈ります。

例:予定外の支出もあったが、なんとか予算内に収まりそうだ。

例:そんな謝り方では、怒りも収まらないよ。

例:テーブルの下などに隠れて、揺れが収まるのを待ちましょう。

納まるの意味・使い方

納まるの意味は、次のようになります。

1)あるべき場所や、決まった枠の中に入ること。
2)元の場所に落ち着くこと。
3)ふさわしい地位や立場に就くこと。
4)金品や税が、正しい相手に渡されること。

例:機密書類は、必ず金庫に納めてください。

例:結局、元の鞘に納まったようだ。

例:後を継いで、社長の座に納まることになっている。

例:住民税を納めてきた。

例:今年もようやく仕事納めだ。

治まるの意味・使い方

治まるの意味は、次のようになります。

1)問題のない状態になること、静まること。
2)統治すること。

例:頭痛がようやく治まってきた。

例:風雨も午後には治まるでしょう。

例:このままでは、腹の虫が治まらない。

例:彼は王になり、亡くなるまで国を治めた。

収まる・納まる・治まるの違いは?

「収まる」と「納まる」は、言葉の意味がよく似ています。

合わせて「収納」という熟語になるように、どちらにも、中に入る、しまうといった意味がありますが、「納まる」は、より、本来あるべき場所に入れたり、必ず渡すことになっているもの(税金など)を渡す時などに使います。

「治まる」の「治」は、治療や治癒、政治や治安といった熟語に使われますね。

身体の痛みや病気の症状が治った時、国や天下を統治する時には、「治める」を使いましょう。

まとめ

  • 収まるは、
    1)物の中や、決まった枠の中に入ること。
    2)問題が解決すること。納得すること。
    3)混乱した状態が、もとのように整うこと。
  • 収まるは、
    1)物の中や、決まった枠の中に入ること。
    2)問題が解決すること。納得すること。
    3)混乱した状態が、もとのように整うこと。
  • 治まるは、
    1)問題のない状態になること、静まること。
    2)統治すること。

では、もめごとがまるくおさまる時の「おさまる」には、どれを使うのでしょう。

この場合は、「収まる」の2番目の意味、「問題が解決すること」に当たりますので、まるく収まると書くのが一般的です。

しかし、もめごとが収束した、というよりも、もめごとをうまく鎮めた、という気持ちが強い時は、まるく治まると書いても誤りではありません。

同じように、例文に挙げた、怒りや腹の虫なども、すっきり解決したという場合は「収まる」、手をかけて鎮めたという場合は「治まる」を使うことがあります。

微妙なニュアンスで使い分けることができる、日本語らしい言葉なんですね。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ