おせち料理の意味・由来一覧 伊達巻・黒豆・たこ・えび・たけのこなど

おせち 意味

大晦日に準備をして元日に頂くおせち料理。

何気なく毎年同じことが繰り返されていると感じる人は少なくないのでは?

前日や前々日に作るために日持ちのする品々が多い中で、それぞれに意味があることをご存知でしょうか?

私もいくつかの意味は知っている上、毎年一人で作っていますが、全てを知っているわけではないです。

そんなおせち料理の意味や由来をいくつかご紹介しましょう!

-----スポンサーリンク-----

おせち料理の由来

おせち 由来

日本の歴史をさかのぼると、弥生時代に始まった「おせち」料理を頂くという文化。

今でも「神様」に願いをお祈りしに行く初詣や厄除け祈願といった、「神様」。

元々は作物や魚介といった食するものだけでなく様々なものに「神様」が宿ると信じられてきたため、その恩恵が豊作につながったと考えられたために「節供(せっく)」という、今で言うところのお供えの文化が出来ました。

そして、現在よりももっと季節ごとの区切りを大切にしてきた日本人が、元々は農業や漁業が盛んな日本で、その豊作を願うとともに自然から貰った恵みに感謝して食べた料理がもとになっているとされています。

また、特に平安時代では年が明けると共に齢を重ねると言われていたため、その祝いとして宮中で出されていた料理であったとも言われています。

後に、一年の初めであるお正月が一年で最も大切ということで、この料理が一般的に食べられるようになったのは、江戸時代の頃と言われています。

おせちの食材の意味

おせち 意味

おせち料理とは、いくつもの品数が用意されているもの。

それぞれに意味が込められているというのもおせち料理の特徴です。

毎年食べてはいてもその食材に込められた意味を知らないという人は意外と多いのではないでしょうか?

一つずつそれぞれの持つ意味をご紹介します。

伊達巻

「伊達」には派手なことや華やかさといった明るい意味があります。

その伊達という言葉の入った伊達巻には、その形状が巻物に似ていることから書物→学業・学問へと派生させ、「文化の発展や学問の成就」を願う食べ物とされています。

黒豆

「まめ」に生きるとはよく言ったもので、これは几帳面という意味ではなく真面目という意味や健康であるという意味が含まれています。

そのため、「まめ(真面目)に働いてまめ(健康)に暮らす」ことを祈願するもの。

また、豆には邪気払いの意味があるため、おせち料理にも入れられているという理由ですが、同時に黒色でなければならないのは、道教での魔除けの色だという根拠から黒豆になったとされています。

たこ

「多幸(たこう)」というめでたい言葉にちなんで幸せを呼ぶという意味があります。

えび

えびの姿が腰の曲がった老人の姿に似ていることから、長寿を願う意味が込められています。

たけのこ

成長の早いことが有名なたけのこ。

子供の成長もすこやかに、また天に伸びることから立身出世を願う意味も。

ごぼう

根深く育つごぼうは、地面に根を深く張ってその家が続いていくようにという意味が込められています。

れんこん

穴の開いているれんこんは、その穴が途切れることなく繋がっていますよね?

そのため、先を見通せるようにという意味を持っています。

くわい

その食材の特徴!

それは大きい芽ですよね?

「めでたい(芽出たい)」にちなんで出世を意味する食材です。

さといも

普段見かけるさといもは、子芋と呼ばれるもので、親頭と呼ばれる大きな芋にポコポコと出来るものです。

そんな子芋が沢山付くことから、さといもには子孫繁栄の意味が含まれています。

こんにゃく

おせち料理においては飾りが施されて煮物にされることがあるこんにゃく。

その形から、「結びこんにゃく」とも呼ばれますが、「良縁を結ぶ」ことや、ほころびのないことから「円満」を意味しているとも言われています。

昆布巻

「よろこぶ(養老昆布)」という語呂から、不老長寿の願いとよろこびの場であるというお祝いを意味するものとされています。

また、伊達巻のように巻物に繋がることもあり、文化や学業にも縁起が良いと言われています。

-----スポンサーリンク-----

おせち料理は必要?

おせち 必要

近年では市販されているものを購入する人も少なくないというおせち料理。

それでもご家庭の味があるため、多少は手作りをしようと考える人もいらっしゃるのではないでしょうか?

おせち料理は、主にお正月をお祝いするために作られている料理ですが、その意味的な理由以外にも実用的な理由でも作られていることはご存知でしょうか?

日頃ほとんど毎日のように食事の支度をするお母さん。

そのお母さんもお正月くらいはゆっくりしたいという気持ちが込められているため、出来る限り日持ちのする品々が詰められています。

私の実家では2日もしくは3日までおせち料理を食べていた記憶があります!

また、結婚して夫の両親と生活をするようになった今では、元日中はおせち料理が残るくらいの量を作り、2日にはそれらを無くならせてから私の実家に行くことになっています。

特別なお正月という区切りをつけるための意味もあるおせち料理。

新年を迎えて新たな気持ちで過ごすという意気込みも込めておせち料理を頂くことも必要かもしれませんね。

まとめ

・おせち料理の由来は弥生時代から始まったお供え料理から。

・おせち料理の食材にはそれぞれ意味が、また日持ちをさせる工夫も。

・おせち料理は祝い料理として必要なだけでなく、食事を作る人にもゆっくりできる時間を作る大切なもの。

いかがでしたか?

それぞれの食材に込められた願いは、主にご家庭の円満や立身出世、学業成就と家族のことを思って作られている喜びごとの料理です。

手間は要りますが、作ってみるのもとても良いことだと思いますよ。

おせち料理の作り方はこちらの記事を参考にしてください。

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] おせち料理の意味・由来一覧 伊達巻・黒豆・たこ・えび・たけのこなど […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ