セキセイインコの鳴き声7種類とその意味は?キューと鳴くのは病気なの?

インコ

セキセイインコはとっても表情豊かです。

といっても、セキセイインコのクチバシは固いので、ニコニコしたり、あっかんべーをすることは「まず無理」です。

セキセイインコは「鳴き声」で感情を上手に私たちに伝えてくれます。

「鳴き声で、セキセイインコの気持ちが分かるの?」

はい、わかります。

「何種類くらいの鳴き声を出すの?」

たくさんあります!

鳴き声が判別できたら、インコとのコミュニケーションが楽しくなりますよ。

部屋に入ると「チッ」と舌打ち?する、そんなセキセイインコの飼い主の私がお答えいたします。

-----スポンサーリンク-----

インコはどういう時に鳴くの?

人間と同じで、「何かを言いたいとき」に鳴きます。

イヌやネコも、何かを言いたいときに、ワンとかニャアといった声を出しますが、インコはそれよりももっと多くの表情を「鳴き声」で表します。

イヌが「キャン!」という声を出す時は、「痛い」とか「イヤだ」とかの意味がありますが、インコは同じ「イヤだ」でも、「とてもイヤ!」とか「ちょっとやめてくれる?」とか「ええ~やだなあ~」のように、もう少し細かなニュアンスまで伝えてきます。

セキセイインコの鳴き声7種類

「ピッ」と細切れに鳴く

「え?何?」と、言いたいようです。

突然部屋に入っていったとか、見たこともないようなモノを見たときなどに、こんな声を出します。

「注意を対象物に向けて、観察しているとき」ですね。

わが家では、見たこともない「菜っ葉」に対して「ピッ」と言っていました。

気持ち的には「なんだか変!いつもと違う!」と緊張しているので、あまり落ち着かないようであれば対象物を取り除くなどしてあげましょう。

「ピー!ピー!」と長く、大きく鳴く

これが「呼び鳴き」です。

人間でいう「おーい、おーい」に当たり、飼い主などを呼んでいます。

わが家では2羽のインコがいますので、何かの用で1羽を連れて出すと、こんな鳴き方をして相棒を呼びます。

お忙しいとは思いますが、インコも一人ぼっちだと寂しいので、こんな声を聞いたら顔を見せてあげてください!

「チチチチチチ!」と激し目に、低く鳴く

警戒しています。

掃除機とかをかけに行った時など、「うわー、怖いのが来た来た来た!!」という時に出す声です。

他のインコにも注意を促しているとも言われる、「警告の声」です。

インコは物覚えがいいので、怖い思いをさせられたものを、よく覚えています。

怖い、というのは小さな体には大きなストレス。

こんな声が聞こえてきたら、様子を見に行きましょう。

「ギャギャギャギャ!!」とかなり激しく鳴く

威嚇しています。

お水を飲もうかとしたら別のインコが邪魔をした、お気に入りの場所をとられたなどで、「あっち行け!」と、相手を威嚇して追い払おうという時に出す声です。

複数でインコを飼育している場合は、あるインコとの相性が悪いとか、いじめが起きているケースもあります。

この威嚇の声があまりに多いようでしたら、インコ同士の距離を離すなどの改善が必要かもしれません。

「ピヨピヨ・・ピヨピヨ・・・」と小さい声で呟いている

放鳥の時間が終わって、カゴの中でリラックスしているときにこんな声を出します。

だれかに話すというより、「独り言」的な鳴き声です。

「いや~今日はなんだか飛びすぎたかしら?な~んか肩痛いわあ~」
って言っているのかもしれませんね。

「ギコギコギコ・・・」と鳴いて?いる

鳴いているのではなく「歯軋り(?)」のようにクチバシをすり合わせています。

これもリラックスしている時です。

初めて聞いたときは「何の音?」と思いましたが、

クチバシのヨゴレを取っているとか、クチバシを磨いでいるのだそうです!

私の経験上、夕方にやっている気がするので、寝る前の準備みたいな感じではなのでしょう。

「キュー」と鳴いている

この「キュー」という声は、ちょっとよく観察してください。

エサを食べない、ぐったりしている時の「キュー」は、呼吸器や内臓に疾患があって、声が詰まっている場合があります。

反対に、遊んであげているときに「キュ!キュ!」と鳴きながら、突っついてきたりする時はゴキゲンなときです。

体調が悪いときは、鳴き声で判断せずにすぐに病院へ連れて行きましょう。

-----スポンサーリンク-----

セキセイインコの鳴き声動画6選

セキセイインコの鳴き声の動画を載せておくので、「この子は何て言ってるのかな?」と想像しながら見てみてくださいね。

まとめ

  • 「ピッ」と短く鳴く・・・「えっ?」とちょっとびっくりしている
  • 「ピー!ピー!」と長く、大きく鳴く・・・「おーい」と呼んでいる
  • 「チチチチチチ!」と激し目に、低く鳴く・・・警戒している
  • 「ギャギャギャギャ!!」とかなり激しく鳴く・・・威嚇している
  • 「ピヨピヨ・・」と小さい声で呟くように鳴く・・・独り言
  • 「ギコギコギコ・・・」と音を出している・・・歯ぎしり
  • 「キュー」と鳴いている・・・ゴキゲン または 病気の可能性

一度エサの交換の時間が遅くなり、インコにものすごい剣幕で「怒鳴られた」ことがあります。

寝ていた主人も、びっくりして起き出したほどの「怒鳴り声」でした。

セキセイインコは、人間の言葉を「鳴き声」として話しますが、意味を理解して言葉を「利用」しません。

でも「エサ入ってないぞ、コラーーー!!」という気持ちが、ハッキリと通じました。

そう、「明らかな異常!!」として耳に届いたのです。

これまで、「私たち人間がインコを察してやるもの」と上から目線で見ていましたが、インコの「表現の豊かさ」に驚くとともに、尊敬の気持ちも起こりました。

(エサをちゃんとあげて、謝りましたのでご安心くださいね)

合わせて読みたい関連記事

2件のコメント

  1. 匿名 より:

    初めまして。
    我が家のセキセイインコも舌打ちしますが、怒っていると言うより「遊ぼうよ?」的なPOPな感じです。

    旦那が自分の方に向かせようとして気を引く為に「チチチチ」とやっているうちに真似るようになり、今はケージの前を通る度に「チチチ」と鳴き、(後でね)「チチチ」と返してます。

  2. 匿名 より:

    我が家のセキセイインコは、普段はクルリン、クルリン、と鳴きっぱなしで、呼びたいときは、オヒョイヒョイと、鳴いてました、変わってるなぁと、思ってました、もともと迷い子を保護して飼っていたので年齢は、解りませんが、病気で、1日に亡くなりました、私になついていてとても可愛い子だったので未だに悲しいです、

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ