インコとオウムの違いは〇〇があるかないか!オカメインコは実はオウム?

インコ
©CoreForce

最近はペットブームで、鳥を飼っている方も多いですよね。

ペットとして有名な鳥と言えば「インコ」と「オウム」。

でもちょっと待ってください。

インコとオウムの違いってわかりますか?

同じだと思っている人もいるかもしれませんが、実はちゃんと違いがあるのです。

-----スポンサーリンク-----

オウムの特徴

オウムの大きな特徴は、“冠羽”という頭に羽根・・・チョンマゲが生えています。

インコにはチョンマゲの羽根は生えていません。

これが大きな違いで、見分け方もチョンマゲで見分けます。

体つきはオウムの方がずうっと大きいです。

インコと名の付くオウム

身近なオウムは「オカメインコ」です。

可愛い冠羽がついていますよね?

オカメインコは最小の「オウム」です。

「オウムなのにインコって呼ぶの?」と思うかもしれませんが、はい、立派なオウムの子です。

ちなみに、関係無いですが上動画のオカメインコちゃんすごいですね!

みんなが知ってるインコの代表的なインコの種類

「インコ」といえば代表的な種類では

・セキセイインコ
・マメルリハインコ
・コザクラインコ
・ボタンインコ
・ルリコンゴウインコ

が有名でよく知られています。

みんな同じ出身地かと思えば、まったく違いますし、見た目もよく似ていますが別の種類です。

コザクラインコとボタンインコはそっくりさんですが、別の種類です。

掛け合わせた子はヤエザクラインコといいますが、その子は生殖能力がないので繁殖できません。

とにかく、種類が豊富なインコたちなのです!

まとめ

・オウムは頭にちょんまげが生えている。

・インコにはちょんまげが無く、種類が豊富。

紛らわしいインコとオウム。

もし機会があればうんちくとして語ってみてください。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ