春の掃除は花粉がツライ!今すぐできる対策12選

春 掃除 花粉

最近は、めっきり暖かくなってきましたね。

春は、桜が咲いたり、人生の分岐点となる行事もいっぱいわくわくします。

ただ、ひとつの死活問題は、花粉です!!

私も毎年花粉症に悩まされていたりします。

皆さんは、花粉症大丈夫ですか?

花粉症って、風邪みたいな症状が出て、目が痒い・鼻水・喉が痛いなどなど辛いですよね。

微熱や頭痛、関節痛など、風症状が強く出る方もいるみたいです。

せっかくのお花見や人生の門出、春のイベントも、花粉にかやられて楽しみが半減してしまってはもったいないです。

ここで、春を満喫するためにも花粉症に悩まされている皆さんへ今すぐできる対策をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

掃除のときの花粉症対策7つ

花粉の時期のお掃除は、掃除の順番と上手な換気がポイントです。

いつも通りにお掃除してしまうと、花粉が余計に舞ってしまうこともあるので要注意です!

拭き掃除で、花粉を落とそう

外から入った花粉は、洋服や壁にもくっついています。

この時期のお掃除は、拭き掃除から始めましょう。

室内に舞った花粉を床に落とすことで、掃除機で吸う事も出来て時短に繋がります。

掃除機で花粉を吸いこむ

床に落ちた花粉を掃除機でしっかり吸い取りましょう。

他にも、この時期掃除機は色々と活躍します。

室内のお掃除はもちろんですが、お布団や枕、カーペットも掃除機で吸い込むのがおススメです。

布団類は外に干したいところですが、この時期の外干しは風で花粉が流れてきて、せっかく外干ししても花粉まみれになってしまいます。

掃除機は、花粉もダニも吸い込んでくれるので、効率的にお掃除出来ます。

洗濯物は室内干し

もちろん、洗濯物等も外に干さずに室内干しをおススメします。

必要以上に花粉を室内に寄せ付けないようにしていきましょう。

室内干しは、夜に干しておくと、室内の加湿にもなるのでおススメです。

ただ、どうしても日光を浴びて干したい!という方は窓をしめた状態の窓際に干しておくといいです。

お布団も同様で行うと、お日様の日差しで意外とホッコリ仕上がります。

換気は、風のない日の夜に

お掃除をする際に、換気はしたいですよね。

ただ、日中換気をしてしまうと、花粉が入ってきてしまいます。

換気は、花粉が舞いづらい早朝や夜に行う事がおススメです。

ただし、風が強い日はやめておいた方がいいかも。

雨の日は、日中でも花粉は少ないので換気は出来ますが、湿気が気になるところでもあります。

この時期は、空気清浄器を上手に活用するのが無難でしょう。

フィルターお掃除はこまめに

この時期、空気清浄器や除湿機、エアコン等を活用する機会が増えますよね。

ということは、フィルターはいつも以上にホコリ+花粉という最強な汚れがたまってしまいます。

フィルターは、週1回はお掃除するようにしましょう。

空気清浄器や除湿機のフィルターお掃除が手間な方は、乾いたワイドタイプのクイックルワイパーをフィルターのところに貼っておくと、交換するだけですむので便利です。

掃除のとき以外の花粉症対策7つ

掃除以外にも、花粉対策をすることで、室内のクリーンに繋がります。

外から帰ったら、衣類を叩く&手洗いうがい

目では見えにくいですが、花粉は衣類にくっついています。

帰宅時には、玄関で衣類を叩いてお家へ入りましょう。

もちろん、手洗いとうがいも必須です。

外からの花粉や菌を室内に持ち込まないようにしましょう。

マスクには、湿ったガーゼを

今は、色々なマスクが出ていますが、中でもお勧めなのがぬれマスクです!

よく風邪の時にも使用しますが、花粉症にもおススメなんです。

湿度があることで、花・喉が潤って風邪症状が和らぎます。

空気清浄器で花粉を除去

この季節には、大活躍の空気清浄器!

窓を開けずに室内の空気を綺麗にしてくれるなんて、本当に有り難いですよね。

玄関に一台、リビングに一台、寝室に一台置いておけたら最高ですね。

加湿器で花粉を除去

加湿器も、花粉症対策には便利な家電です。

室内を加湿することで、室内に舞っている花粉が収まるらしいです。

ただ、湿度を上げ過ぎると洗濯物が乾きずらくなるので、50パーセント以下くらいがいいかもしれません。

帰宅後は、すぐにお風呂!

花粉時期に外から帰ると、意識がボーっとするときってありませんか?

そんな時は、「お風呂」です!

帰宅後はすぐにお風呂に入ることで、体についた花粉を落としましょう。

怠かった意識が、嘘みたいにスッキリします。おススメです。

外出時には、帽子+マスク+眼鏡は必須

外出時は、ツバのある帽子をかぶると花粉が直接顔に当たらずいいそうです。

キャップ帽は、日差し予防にもなるのでいいですね。

花粉は、喉や花の粘膜に異常をきたすので、マスクは必須ですね。

マスクをすると、しない時に比べて花粉を7割程カバーできると言われています。

マスクは思った以上に効果が高くて私も驚きました。

是非活用していきましょう。

眼鏡は、直接裸眼に花粉が当たらずに済みます。

風の強い日は、特に花粉が舞うので、帽子+マスク+眼鏡の3点セットで花粉から身を守りましょう。

鼻うがい&アイボンで、粘膜から綺麗に

花粉は、喉や鼻の粘膜にくっついてしまうので、喉のイガイガした感じや鼻のムズムズした感じが抜けないんです。

そんな時は、鼻うがい&アイボンですっきり洗浄しましょう。

鼻うがいは、洗面器に少しだけ塩を入れてぬるま湯を張ります。

方鼻ずつゆっくり水を吸い込み、水を鼻や口から出すやり方です。

鼻づまりが酷い方は、かなり効果があると思うのでおススメです。

アイボンは、専用液で眼球を洗います。

片目10秒くらいずつ瞬きをしながら、眼を洗浄していきます。

瞬きをすることで、まつ毛についた花粉も一緒に落とせるのでお試しください。

まとめ

1.花粉時期のお掃除は、効率的な順番で進めましょう

2.効果的な花粉対策で、花粉ストレスフリーな生活を

毎年花粉症に悩まされている私ですが、実は病院にかかったことは一度もありません。

病院に頼ると、薬がどんどん強くなってしまって辛くなりますよね。

日頃のお掃除や帰宅後のケアを気を付けるだけで、意外とこの時期を自力で乗り切れたりします。

今回おススメした花粉対策で、この辛い花粉時期を一緒に乗り越えていきましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ