梅雨で洗濯物が乾かない!臭いが気にならず早く乾く部屋干しのコツ5選

部屋干し

桜の季節がくると、もうすぐ夏だ!とワクワクした気持ちになりませんか?

ただ、楽しみな夏の前には厄介な季節が巡ってきますね。

梅雨の季節です。

梅雨は、洗濯物もなかなか乾かないし、余談ですが髪形もすぐ崩れちゃうし、本当に厄介です。

そんな梅雨の洗濯事情はありますが、ちょっとしたコツで乗り切ってみませんか?

梅雨で洗濯物が乾かない時に臭いが気にならず早く乾く部屋干しの色々なコツをお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

部屋干しの干し方5つのコツ

部屋干しのコツは、どう乾燥させるかが大事です。

乾燥機で、湿気(湿度)を撃退

室内干しで一番気になるのは、「臭い」と「湿気」です。

湿気(湿度)をこもらせない為には、「乾燥」することが大事。

お風呂場の乾燥機能や除湿機、扇風機などを使用して湿気をこもらせないようにしましょう。

エアコンのドライ機能もいいですね。

窓を開けて換気するのもひとつですが、雨が降っている日は余計湿気を吸ってしまう場合があるので湿度が高い日は避けた方がいいかもしれません。

湿気がこもってしまうとお部屋のカビの原因にもなるので、要注意です。

隙間開け干しで、空気を循環させる

洗濯物をぎゅうぎゅうに洗濯ハンガーに干さずに、ひとつのハンガーに4~5枚ほど隙間を開けて干します。

空気の流れが入る隙間が出来るので、乾燥しやすくなります。

Tシャツは、襟首を下にして裾側を4つ洗濯ばさみで挟むとより隙間が空いていいですね。

ズボンやトランクスなども同様です。

あまり洗濯物を溜めると、ぎゅうぎゅうになってしまうので、梅雨の季節は洗濯物をあまりためず、こまめに洗濯して干していくといいかもしれません。

布団乾燥機を活用する

湿気が多い季節は、布団を乾燥器にかける機会が増えますね。

その際に、干した洗濯物の仕上げに布団乾燥機に一緒に掛けるとパリッと洗濯が仕上がります。

お布団もほかほか、洗濯物もパリッとして一石二鳥です。

ただ、生乾きの洗濯物はしわになりやすいので、しっかり叩いたまっすぐな状態でかけるようにしてください。

洗濯物は、空気が循環する場所に干す

お部屋の中で洗濯物を干す際は、換気扇がついているお風呂場や空気の通りがいい廊下などがおススメです。

リビングに干す場合は、ドアを開けて空気の通り道を作ってあげるといいでしょう。

空気がこもると、湿気が溜まって嫌な臭いの原因にもなります。

湿気を逃がす場所で干すようにしましょう。

室内干しラックを活用する

部屋干しをする際に、やってしまいがちなのがカーテンにハンガーを掛けてしまう事。

カーテンレールは壊れるし、窓の近くで湿気がこもって洗濯物が乾きにくくあまり良いことはないですね。

最近は、部屋干しに最適な室内干しラックが色々と出ています。

エアコンの風を利用して干せるエアコンハンガーや天井につけるタイプのラック、100均ではお部屋に干せるランドリーフックなども売っています。

便利グッズを利用することで、快適に室内干しをすることが出来ます。

洗濯物を早く乾かす方法3つ

すぐに着たい洋服は、こんな乾かし方をするといいです。

ドライヤーで速乾

梅雨の時期、洗濯物を溜めてしまうと、下着や靴下が足りなくなったりしますね。

その際は、ドライヤーを使用して乾かすとすぐに乾いて便利です。

あまり近づけすぎると、火花がでたり焦げ臭くなってしまうので、ドライヤーから10センチほど離した状態で乾かすよう注意してください。

アイロンで速乾

ワイシャツやTシャツなど、シャツ類はアイロンを掛けると乾くのが早くなります。

やり方は、普段のアイロン掛けと一緒です。

しわも伸びて一石二鳥です。

ただ、洗濯後すぐだとアイロンを掛けても生乾きなので、早く乾いてほしいシャツがある場合は洗濯後すぐにアイロンをかけて少し置いておくいいです。

除湿機で速乾

除湿機は、湿気をとってくれるので近くにおいておくと洗濯物がよく乾きます。

風が出るタイプは、洗濯物に風が当たるようにするとより乾きが良いです。

その際は、リビングなど広い場所より洗面所など狭めな場所の方が湿気をより吸収してくれるのでおススメです。

意外と早めに水が溜まるので、除湿機の水抜きを忘れないようにしましょう。

部屋干しの臭い対策4つ

部屋干し臭の原因は、洗濯で落ちなかった皮脂やアカなどの汚れやその汚れをエサに雑菌が繁殖したもの。

いわゆる良い菌ではなく、嫌な菌で間違いないですね。

部屋干し用洗濯洗剤を使用する

部屋干し用洗剤は、普通の洗剤に比べて抗菌効果や消臭効果が強いのが特徴です。

部屋干しの嫌な臭いの原因となる汚れや菌に効果があり、部屋干しをしても嫌な臭いが出ず、お部屋も良い香りが保てます。

最近は、ウィルス除去の効果があるものもあるので、部屋干しの際は専用洗剤を使用することをおススメします。

万能な重層で、臭い防止

重層は、臭い防止に色々と役立てる事が出来ます。

洗濯前の洗濯物に振っておくことで、洗濯後の嫌な臭いを緩和してくれたり、すすぎ時にいれることで炭酸成分が働いて柔軟剤の働きをしてくれます。

もちろん、部屋干しするお部屋に重層を空き瓶に入れて置いておくと消臭効果にもなります。

お気に入りのアロマを入れるのもおススメです。

洗濯時にも洗濯後にも活用できる万能な逸品です。

空気清浄器で、空気をフレッシュに

なんといっても、部屋の臭いをとるには空気清浄機がおススメです。

お部屋の空気を循環させてくれるので消臭効果はもちろん、ウィルス除去もしてくれるものもあります。

湿気での一番の敵であるカビ予防にもなるので、一家に一台は必須ですね。

備長炭と新聞紙で湿気を除去

臭いの原因は、主に湿気です。

換気扇をまわすのも効果的ですが、除湿・消臭効果を高めるには備長炭と新聞紙がおススメ。

新聞紙は洗濯物の下に敷いたり、備長炭はお部屋に置いておくことで除湿・消臭効果があります。

タンスや靴箱に敷いても入れても良し。
冷蔵庫に入れても良し。

部屋中使えて、おススメです。

まとめ

  • 部屋干しのコツは、湿気・除湿対策
  • 3つの速乾方法で、緊急事態を回避
  • 部屋干し臭対策で、お部屋をフレッシュな空間へ

ジメジメな梅雨も、部屋干しのコツを活用して楽しく乗り切りましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ