節約中だけどおしゃれもしたい主婦必見!安くファッションを楽しむコツ7つ

ファッション 女性
©roparedes

毎日節約を頑張る主婦は服や下着をなかなか手軽に手を出せないものだと思います。

それでも節約を日々頑張る主婦でも「やっぱりオシャレは楽しみたい!」と思うのが女の子!

主婦もいくつになっても女性なんです!

ボロボロの服を着て気持ちが落ち込んでしまえば日々の節約も頑張れません。

安い服でおしゃれができれば毎日の節約生活ももっと頑張れますよね?

どうすればもっと安く服を買うことができるんでしょうか?

-----スポンサーリンク-----

洋服代を減らすコツ3選

洋服を楽しむには「高い服を長く着る」か「安い服をワンシーズン着る」かの2通りだと思います。

安いブランドは「UNIQLO」や「H&M」など様々なものがあります。

もっと安くなると「GU」「しまむら」などもありますよね?

では高い服と安い服ではどんなメリット、デメリットがあるんでしょうか?

安い服で節約

メリット
  • 低価格で購入できる
  • 捨てるときに苦にならない
デメリット
  • 傷みやすい
  • 安いからと無駄買いしてしまいがち

このように安い服にもメリットとデメリットがあります。

では安い服はどういうときに買うべきなんでしょう?

それは、「流行り物」を買うときです。

流行は本当に早く移り変わるもの。

今年は着られるけど来年はどうなるかわからない!

なんてことはよくありますよね?

来年着なくなるかもしれないのにどうして高いものを買うのか私はよくわかりません。

ワンシーズンしか使わないものはなるべく安く済ませましょう。

高いもので節約

メリット
  • 生地がしっかりしていて長持ちする
  • 高いお金を出したから大切に使う
デメリット
  • 高いから簡単に手を出せない
  • 流行が過ぎたものでも高いお金を出したからと簡単に捨てることができない

高い服はやはり長持ちはするけど手が出しにくいということがデメリットになるでしょう。

しかし、流行の変化の少なくて長く使えるものを考えるととても節約につながります。

例えばジーンズやコートです。

3000円の安物コートを1年使うより、10000円のコートを3年以上使うことの方が節約につながりますよね?

ジーンズは流行り物を買わなければ長く使えるものですし、無駄になることは少ないです。

高い値段を出したと言う意識も働き自然とものを大切にします。

高いものを買ったから無駄遣いではなく、長く使うことを視野に入れた節約も可能です。

服を買う時に高いものを買う方が節約につながるという人もいます。

妥協して安いものを買うことですぐに使わなくなるなら意味がありません。

用途をしっかり考えて用途に合ったものを買うようにしましょう。

ミニマリストになりましょう

服をたくさん持つことがオシャレとは限りません。

「フランス人は10着しか服を持たない」という本をご存知ですか?

パリのオシャレな街に住む人は実は服の量がとても少ないんです。

実際に海外の賃貸物件はクローゼットが小さいものが多かったりするそうです。

たくさんの服を持ってオシャレな人もいるでしょう。

しかしそういう人はタンスの肥やし(使わない服)が多いんです。

1回着ただけでもう着ない服が多い人ははっきり言って無駄遣いの達人です!

今持っている服を断捨離して本当に必要な服だけに絞ります。

その上で本当に欲しい服を選び買うことが節約主婦に必要な服の買い方なんです!

もちろん服以外にも靴やバッグもありますよね?

クローゼットの肥やしになっているバックや靴は使わない限り無駄なものなのでできるだけ処分しましょう。

今は簡単に携帯で中古品販売などもできるので不用品処分も出来てお小遣い稼ぎができてとっても便利ですよね!

-----スポンサーリンク-----

安価で出来るおしゃれテクニック3つ

安い服を大切に使って長く着ている方も多いかと思います。

そんな方でも安物を着てると思われたくないのが本音だと思います。

では安物を着ても安物と思われない方法があれば試してみたいと思いませんか?

安価でできるおしゃれテクニックを3つ紹介したいと思います!

柄の少ないものをチョイス

安いお店のファッションで柄の多いものやフリルのついたものなどを選んでしまうとどうしても安さが目立ったデザインのものが多くなります。

フリル等はすぐにほつれてボロボロになってしまいます。

出来るだけシンプルな柄やデザインを選ぶことが大切です。

色は少なめ!

色をたくさん使うことは控えた方がいいでしょう。

出来るだけ2〜3色に抑えて、ベストなのは黒を選ぶことです。

安物の生地だと「1度洗濯しただけで色落ちしてしまった」「もともと少し変な色の水色だった」などと色に関しても綺麗な色だったと言うことは少ないです。

そんな色をたくさん使いすぎるのはお勧めできません。

素材を気にしましょう

ファストファッションに多く使われているシフォン素材ですが、ペラペラとしていていかにも安物感が漂う商品です。

出来るだけ避けましょう。

オススメは綿素材やモダール、リヨセルと呼ばれる素材です。

商品タグに素材について書かれているので確認するようにしましょう。

簡単に髪型をおしゃれに

髪型もおしゃれにしたいけどどうしても悩んでしまいますよね?

いつも黒い髪ゴムで縛ってるだけではありませんか?

いろんな髪型を試したいけど不器用だし綺麗に出来ない!という方にオススメなのは百均の髪ゴムやアクセサリーです!

百均なら安くてワンポイント加えることができますよね?

シュシュでゆるふわヘアーにアクセントをつけることもできます。

髪をまとめるためにとても便利な百均にはセリアやダイソーなどお店が変わるとまた一味違ったヘアアクセサリーがあるので是非試してみてください!

まとめ

  • 安いものを買うなら流行り物
  • 高いものを買うなら長く使える物
  • ミニマリストになろう
  • 安い物を買うなら素材や色を重視しましょう

安い物を買うことは決して悪いことではありません。

しかし、安い物には安い物分の価値しかありません。

すぐに壊れてしまう物をなんども買い換えるほうが大きな出費につながります。

長く使う物はしっかりとした物を選びましょう。

服は大切に使うことで長持ちします。

たった10着でもおしゃれにはなれます。

一度クローゼットの中身を一掃してぜひ安価でおしゃれな毎日を送ってみませんか?

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ