節分の豆まきの由来って知ってる?子どもにわかりやすく伝えるポイント

節分 豆まき 由来

節分の日。

忘れてはいけないイベントがありますよね?

子供の頃は鬼役としてお父さんが外から入ろうとすれば豆をまいた・・なんていう思い出はありませんか?

大人、それも親になった今では逆の立場になることも!

また、質問攻めにあった時にしっかりと説明できるよう、節分の由来やいつ行うか、豆まきの理由をご紹介しましょう!

-----スポンサーリンク-----

節分の由来

節分 由来

節分とは、季節の節目のこと。

現代では立春の頃を節分と呼びますよね?

そんな節分の日や鬼が来る理由をはじめ、豆をまく理由と食べる理由をご説明していきましょう!

節分っていつ?

そもそも、現代においての節分とは、立春の日の前日、つまり2月3日の日を指します。

元は立春だけでなく、立夏や立秋、立冬の前日のこともさして節分と言いました。

季節の節目、つまり「この日の次の日から新しく次の季節が始まる」という日のことですね。

しかし、江戸時代に入ると全ての季節ではなく、立春の前日のことのみを節分と呼ぶようになり、次第に節分とは2月3日のことと定着するようになりました。

理由としては、この立春が旧正月に当たるため、その日から新しい年が始まるということからです。

どうして鬼が来るの?

実際に「鬼」を見たことがある人はどのくらいいらっしゃると思いますか?

陰陽師が宮中において仕事を一任されていた平安時代であれば可能性としてあるかもしれませんが、現在では鬼を見ることはほぼ不可能です。

auのCMの三太郎で登場する「鬼ちゃん」なら、今でも見られますね(笑)

しかし、この場合の「鬼」は実はもっとほかの事を指すということはご存知でしょうか?

「鬼」の付くものとして現代で有名なもの、それは「鬼門」です。

家を建てるときに風水を参考にする人もいらっしゃるかもしれませんが、その家の鬼門に注意をして家屋を建てるという気配りがあります。

平安時代では「鬼(邪気)」を払うことも当たり前で、都があった京都には実際に鬼門を封じるべく建てられた「赤山禅院」というお寺もあるほど。

また「悪いもの」、つまり病気など人にとって良くないもののことを「鬼」と総称して呼ぶ場合もあります。

健康であったり、現在の状況が良い状況であれば悪い方向に傾いてしまうこともまた自然の摂理ですが、出来ることなら起こってほしくないことですよね。

豆をまく理由は?

豆は、「魔滅」と書いて魔を滅するとも書けますし、また「魔目」とも書くと言われています。

豆ならひよこ豆や金時豆でも良いのかと言うとそうではなく、「五穀豊穣」を祈る行事にも用いられる大豆でなければなりません。

そして、生の豆をまいてしまうと、芽が出てくる可能性もあり、縁起の良いものではないとされていました。

折角封印したのに、また新しく芽が出てきたら嫌ですよね?

そのため、豆を炒って陰陽五行説で言うところの「火」をもって「金」である鬼を封印するという作用があることから炒った大豆をまく風習が始まりました。

そもそもの始まりは鬼が出たと言われる平安時代。

「鬼が出た!」という時に毘沙門天のお告げが下り、「魔目(魔の目)に豆を投げつければ魔滅(魔を滅する)に通じる」と言われたそうなんですが、鬼ではなくとも目に豆を投げつけられれば人間でも退散しちゃいますよね(笑)

何で豆を食べるの?

先に述べたように、炒った豆をまくことで鬼を封印しますよね?

その豆は、放っておいてもそのままですが、人間が食べることで鬼も退治出来たということになります。

つまり、悪いことが起きる前に封印してしまった後、食べるという行動をすることでその悪いことも消化しましょう!ということですね。

-----スポンサーリンク-----

豆まきのやり方

豆まき

スーパーに行けば売っている「福豆」。

大豆だけではなく、殻付きピーナッツや甘納豆までもが豆になぞらえて特設コーナーに並べられていますよね?(笑)

この「福豆」を使った豆まきの正しいやり方をご紹介しましょう!

※甘納豆をまくのは、砂糖が飛び散る結果になりますので絶対にやめましょう。

ステップ1

「福豆」を用意します。

炒った大豆、もしくは衛生面で気になる人がいらっしゃるのであれば殻付きピーナッツでもOK!

ステップ2

福豆を枡に入れるか、なければ袋のまま神棚にお供えします。

神棚がないというご家庭であれば、出来るだけその部屋の中で高い場所に置きます。

ステップ3

夜になり、家族が揃ったところでその年の年男や年女が中心となって豆まきの開始!

年男も年女もいない場合には年長者に枡の持ち番をお願いします。

ステップ4

玄関から一番遠い部屋からスタート!

まずは窓を開け、外に向かって『鬼は外!』と2回言いながら下から上に向けて豆をまきます。

ステップ5

窓の外に向かってまいたらすぐに窓を閉め、部屋の中に向かって『福は内!』と2回言いながら下から上へ豆をまきます。

ステップ6

全ての部屋を回った後、玄関に到着!

玄関のドアを開けて外に向かって『鬼は外!』と2回言いながら下から上へ豆をまきます。

ステップ7

玄関から外へ向かってまいたらすぐにドアを閉め、玄関から家の中に向かって『福は内!』と2回言いながら下から上に向かって豆をまきます。

ステップ8

全ての部屋・玄関にまき終わったら、残った福豆を数え、自分の年齢+1個頂きます。

福豆を頂く場合、私は31歳なので、32個数える必要があります。

父方の祖母に至っては現在98歳なので、99個・・恐ろしいですね(笑)

このように大量の豆を食べづらい場合には、その99個の豆の代わりとして、お湯に梅干しを入れ、福豆3個に塩昆布等を入れた『福茶』を飲むことで代用することも可能です。

子供に説明する時のポイント

節分 子供

お子さんに説明したい場合には、難しい話なんて聞く前から聞きたくないというオーラを出してきたリしますよね?

そんな時でも安心!

こちらのポイントを抑えて上手に説明してあげましょう!

節分はいつ?

節分は、昔のお正月が来る前の日、2月3日に行います。

何で鬼が来るの?

鬼が来るというのは、病気や「悪いこと」が来ること。

何で豆をまくの?

豆をまく理由は、魔つまり鬼の目に豆を投げつけると痛くて逃げるから鬼退治をするため。

そして、食べ物が沢山育つように祈るときに使う大豆を使うことで効果アップ!

鬼は病気や悪いことなので、そんな悪いものも豆をまいて来ないようにするため。

何で豆を食べるの?

豆を食べる理由は、鬼や悪いことを閉じ込めた豆を食べてしまって、悪いことを来なくするため。

豆まきはどうやってやるの?

豆まきはその年の干支に生まれた人か、おじいちゃん・おばあちゃん、またはお父さん・お母さんと一緒に。

豆まきのやり方は、玄関から一番遠い部屋に行って、窓を開けて『鬼は外!』。

すぐに窓を閉めて、部屋に向かって『福は内!』。

豆をまくときは、下から上に向かって投げましょう!

最後に自分の歳に1を足した数だけ豆を数えて食べて鬼を退治しよう!

※子供なので、食べるのがつらいという豆の数にはならないため、『福茶』は割愛します。

まとめ

・節分とは、旧正月に当たる立春の前日、2月3日。

・「鬼」とは「人にとって悪いこと」の総称。

・豆を魔目(魔の目)に投げつけて魔を滅しましょう!

・豆に「鬼」を封じて食べれば「悪いこと」も消化できる!

・豆まきをするときは、玄関から一番遠い部屋からスタート、年の数だけ豆を食べるのが辛い場合には『福茶』を。

・子供にもポイントを押さえて分かりやすく説明してあげましょう。

いかがでしたか?

ただ豆をまくだけでなく、なぜ大豆なのか、なぜ豆なのかという理由までご説明しました!

知って得する節分事情。

今年は正しいやり方で豆まきをしましょう!

節分と言えば「恵方巻き」を食べる習慣もありますよね。

恵方巻きの由来についてはこちらをご覧ください。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ