シングルマザーの賃貸の家賃相場は?実家に暮らすメリット・デメリット

アパート

シングルマザーになると最初に決めるのは住む場所ですよね?

実家に住むか、賃貸に住むか・・・?

実家に住むことは便利で親も頼れるし便利です。

しかし、児童扶養手当の関係も出てきて結局賃貸を選択されることがあるようです。

近くに親族がいない場合には賃貸に住むことになります。

その場合には母子寮に住むか市営住宅に住むか普通の賃貸物件に住むか・・・

いくつかの選択肢が出てきます。

今まで家賃にしろ持ち家にしろ旦那さんの稼ぎで生活してきた人は、どの程度の家賃に住めば子供と暮らすのにちょうどいい金額なのかもわからなくなりますよね?

私の場合は実家は遠いので最初から実家暮らしの選択肢はありませんでした。

賃貸の場合の家賃相場は全くわかりませんでした。

ペットと共に追い出されたので市営住宅という選択もない状態でした。

しかし、選択ができる状態にある方は、ぜひ自分の収入にあった家を探すことをお勧めします。

児童扶養手当も関わってきますのでしっかりと考えましょう。

実家に住むメリット・デメリット

実家に住むことを選ばれた場合にも利点と欠点があります。

実家に住むメリット

  • 親に子育ての協力を得られる
  • 家賃を払わなくてもいい
  • 家事が分担できる

上記が主にあげられる利点だと思います。

金銭的にも困った時に協力を得ることができますよね?

実家に住むデメリット

では逆に欠点はあるんでしょうか?

  • 子育てに対する過干渉
  • 児童扶養手当の減額
  • 自分の時間の減少

実家に住むことに利点も欠点もあります。

確かに子育ての協力を得ることはできますし、金銭的に融通が利きます。

しかし、子育てについて自分で決められるのに親から「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」などと言われることはストレスになります。

また、家に帰って親に「何をしていた?」などと色々聞かれることもあります。

金銭的に融通がきくせいで児童扶養手当が減ることもあります。

児童扶養手当は世帯収入になるので、家族との同居だと家族全員の収入が関わってくるんです。

賃貸物件に住むメリット・デメリット

次に賃貸物件に住む利点と欠点を考えましょう。

賃貸物件のメリット

  • 自分のペースで家事や育児に取り組める
  • 子供が家にいないと自分の時間が取りやすい
  • 世帯収入が自分の収入のみで計算される

自分の自由に生活ができるという面ではとても助かりますよね。

賃貸物件のデメリット

  • 家賃が高い
  • 生活に困っても自分で解決しなくてはならない
  • 収入が低いと広い部屋に住めない

賃貸物件だと児童扶養手当の収入は自分の収入だけで計算されるという面ではとてもいいかもしれません。

しかし、万が一子供が熱を出したり自分の体調が崩れた時には自分で乗り切らなくてはいけません。

自分と子供の時間を作りやすいという利点はありますが、その分いろんな問題も出てきます。

シングルマザーの生活を満喫するためには家選びも大切ですよね。

実家にいくら入れてる?賃貸なら家賃相場はいくら?

実家に住む人もタダで住むわけにもいきませんよね。

その場合はいくら実家に入れているのか?

賃貸の場合はいくらぐらいの家賃に住んで住んでいるのか気になりますよね?

実家にいくら入れてる?

実家にいくら入れているのか気になるところですが、はっきり言って様々です。

2万円〜10万円などかなりの幅があります。

しかし、2万円入れている場合は大抵食費が別だったりします。

つまり家賃光熱費として2万円入れて、食費を入れるのです。

10万円など多めに入れている方は、食費、光熱費、家賃など様々な費用も入っています。

子供を何度も預けることに抵抗が出てこないように多めに払っているという方もいます。

賃貸の家賃相場は?

家賃は基本的に手取り収入の3分の1の家に住むことが多いようです。

金額でいうと4万円以下は2割強、4〜6万円は3割以上、6万円以上は3割弱となるようです。

4〜6万円くらいが多いようですね。

間取りは住んでいる地域や間取りによって変わりますが、子供のことを考えると1LDKくらいは必要になってきますよね。

しかし市営住宅に住めないなどの事情がある場合はどうしても家賃がかかるのは仕方ないことです。

まとめ

  • 実家は家賃代がかからず親の協力を得られるが、子育てへの干渉や児童扶養手当の減額のリスクがある
  • 賃貸は自分の考えや時間を尊重できるが、家賃が高くいざという時に誰かを頼れない
  • 実家でもいくらかお金を入れなければならない場合が多く、賃貸の家賃相場は4~6万円ほど

実家に住むにしても賃貸に住むにしても、家を借りると結構なお金がかかってきます。

シングルマザーでもある程度いい部屋に住みたいと思っています。

「市営住宅は古いし近所付き合いが大変そう・・・」と思って普通の賃貸に住むことを考える方も多いかと思います。

しかし、家賃が安いと部屋が狭かったり、物件が古いと感じたりもします。

駅への交通の便や綺麗さや新しさを考えてしまうと家賃は高くなってしまいます。

自分の収入と家賃のバランスを考えるととても悩ましいですよね。

「実家に頼りたくないけど家賃が払える自信がない・・・」と思った場合は無理のない程度の家賃を考えるべきです。

離婚が急だった場合にはいきなり家を出なくてはいけない場合もありますが、家選びをおろそかにすると後で後悔することになります。

しっかりと考えるためには一時的に実家に暮らし、よく考えて家選びができるといいですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ