爆笑・失笑・苦笑の違い・意味と使い方 間違いやすいので注意!

笑う

「爆笑」・「失笑」・「苦笑」は、よく見る言葉ですね。

どんな笑いなのか調べてみましたら、私が日頃、間違って使っていたものもありました。

みなさんも、間違って覚えていないか、チェックしてみませんか

-----スポンサーリンク-----

爆笑の意味・使い方

「爆笑」といえば、テレビのお笑い番組の「爆笑ナントカ」を思い起こしますね。

面白い漫才やコントで、会場のお客さんたちが、一斉に大笑いするような状況が「爆笑」です。

つまり「爆笑」とは、大勢の人が、どっと一度に笑うことです。

例:そのギャグで、会場の人が爆笑した。

一人だけで大笑いすることを「爆笑」と表現するのは、間違いです。

正しくは「大笑い」などですね。

失笑の意味・使い方

「失笑」とは、おかしさをこらえきれずに吹き出すことです。

例:彼の話が面白いので、思わず失笑した。

「笑いを失う」と書くことから「笑えないほどあきれる」と思っている人が多いのですが、そうではありません。

「失」には、中に押さえ込んでおくべきものを、うっかり外へ出してしまう、という意味があります。

たとえば「失火」は、「火」を、つい外にもらしてしまうことですね。
 
「失笑」も、押さえるべき「笑い」を、押さえきれず外にもらすことです。

ですから、笑うべきではないような場面で、つい笑ってしまった、というときに使われます。

また、「失笑を買う」となると、「愚かな言動をして笑われる」という意味が強くなります。

例:そんなことをすると、周りの失笑を買うだけだ。

ここから「失笑」を「ばかにして笑う」「あざ笑う」と取る人もいます。

しかし、「失笑」自体は、ばかにするというよりは、思わず笑ってしまう様子で、自然と笑いが吹き出すような感じです。

あざ笑うと言いたい場合は「冷笑」「嘲笑」の方が近いでしょう。

苦笑の意味・使い方

「苦笑」は、心の中に、自分や他人に対して、不快な気持ち・とまどいの気持ちを持ちながら、仕方なく笑うことです。

心の中で苦々しく思いながら、それを隠すために笑う、「苦い笑い」→「苦笑い」→「苦笑」です。

例:彼から失敗を指摘されて、苦笑した。

動揺をまぎらす笑いとも言えます。

爆笑・失笑・苦笑の違いは?

「爆笑」は一人ではなく、大勢で笑うことです。

明るく元気の良い笑いですね。

「失笑」は、「爆笑」よりは「閉じた笑い」とでも言えましょうか。

笑ってはいけないんだけど、こらえられないよ…と、思わず笑ってしまう笑いです。

「苦笑」は、素直な笑いではなく、心の中の何かをごまかすような、隠すような気持ちを持ちながら笑うことです。

対象が、他の人だけでなく、自分自身であることも多い笑いです。

まとめ

  • 「爆笑」は、大勢の人が、いっせいに笑うこと。
  • 「失笑」は、(笑うべきではない場面で)おかしさをこらえきれずに笑ってしまうこと。
  • 「苦笑」は、心に苦々しい思いを持ちながら、仕方なく笑うこと。

以上、この記事は、みんなを「爆笑」させたいと思って放ったジョークは不発、なのに会議で真面目に発言したら、なぜか「失笑」を買い、「苦笑」するしかない日々を送っている私が書きました。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ