コート・ブーツなどの冬物収納術!夏はどこにしまったらいい?

コート 収納

皆さんのクローゼットや靴箱は、季節に合わせて収納されていますか?

最近は、おしゃれの幅が広がって季節問わずに洋服を選ぶ方も多いので、洋服の衣替えしない方も増えているのではないでしょうか。

ただ、分厚いコートやファーブーツなど、どうしても夏には活用できない物もありますよね。

そこで今回は、冬にしか活用できないコート・ブーツなどの冬物収納術をご紹介したいと思います。

-----スポンサーリンク-----

冬物コートをしまう前に・・

コートの収納で一番気になるのは、カビや色褪せ、虫食いですね。

冬の間、毎日使ったコートは、意外と汗や汚れがついています。

そのコートをそのまましまってしまうと、次の年に着れない状態になってしまったりするんです。

冬物を収納する前には、必ず汚れをとって、綺麗な状態でしまうようにしましょう。

綺麗な状態にするには、洗濯をすることです!

クリーニングに出すのが手っ取り早いですが、ご自宅でもネットに入れて洗濯できるものもあるので、洋服のラベルを確認して洗濯をしましょう。

綺麗に洗濯をしたら、ファブリーズで除菌するのもおススメです。

コートの収納術

コートの収納は、場所をとるし、シワになりやすい物・なりにくい物があってどういう風に収納するか悩んでしまいます。

そんなコートのおススメ収納術をお伝えします。

圧縮袋でスッキリ収納

圧縮袋は、洋服をコンパクトに出来るので、狭いスペースを上手に活用することが出来ます。

クローゼットに掛けたり、タンスにしまったりと色々とバリエーションが利きます。

圧縮袋は、100均などで売っているので、手軽に収納が出来ていいですね。

コート専用収納袋で綺麗に収納

一番簡単なのが、コート専用の収納袋での収納です。

ロングコートから高級コート、ファーコートなどシワになりやすいコートにおススメです。

なるべく1枚ずつ入れると、綺麗に保存することが出来ます。

コート専用収納袋は、100均やネットで購入することが出来ます。

クローゼットに掛ける際は、防虫剤も一緒に掛けておきましょう。

収納ケースで、便利に収納

クリア収納ケースでの保存は、畳んでもOKなシワになりにくいコートにおススメです。

ポリエステル生地や厚手のウール生地、ツイード生地などは、畳んでしまう収納に向いているのではないでしょうか。

収納ケースに防虫剤を入れて綺麗に畳んでしまえばOKです。

ブーツの収納術

ブーツは、ムートンや革など傷みやすい素材が多いですね。

高温多湿な夏を乗り切るために、しっかりお手入れしてからしまいましょう。

ブーツを収納する前のお手入れ

ブーツは、靴用ブラシなどで周りについたホコリや汚れを落としておきます。

ブーツのメンテナンス専用キットなども売っていて、ブラシ・スプレー類が一式になっている商品があるので、そういった物をひとつ買っておくと便利かもしれません。

夏場は湿気も多いので、防水スプレーをしておくのもおススメです。

靴の中の臭いが気になる方は、消臭スプレーをしましょう。

どちらもスプレー後は、しっかり乾燥させてから収納をしてください。

お手入れ後は、日焼けしない場所へ保管しましょう。

ブーツ専用BOXでスッキリ収納

ブーツ専用の保存ケースやクリアBOXってご存知ですか?

ブーツ専用だけあってブーツがスッキリ入る大きさになっているので、膝丈くらいのブーツであれば型崩れすることなく収納することが出来ます。

BOX収納しておけば、上に重ねることも出来てかさ張らないので、スッキリ収納することが出来ます。

ブーツキーパーで型崩れなく、綺麗に収納

春用ブーツなんかは生地が薄いので、ブーツがくねっとなってしまい収納しずらいですよね。

ブーツキーパーをいれておけば、しっかり立てて収納することが出来ます。

ブーツキーパーは市販で売っている物もありますが、段ボールや靴箱なんかを丸めて入れてもOKです。

段ボールや靴箱だと、湿気も吸ってくれるので便利ですよ。

不織布袋で賢く収納

ブーツや鞄を買った際に、不織布袋で包まれてありますよね。

その不織布袋をとっておいて、夏場は袋に入れて収納すればホコリもつかずに綺麗に収納することが出来ます。

不織布袋に包んたブーツは、段ボールや衣装ケースなど夏物を出して空いた部分にも入れる事が出来ますね。

不織布袋は、ブーツ以外にも鞄や帽子など様々な物に活用できるので、とても便利です。

空間を利用した、吊り下げ収納

ブーツを吊り下げる事が出来るブーツハンガーを利用して、空間利用した収納法もあります。

押し入れの空いた場所に、突っ張り棒を掛ければ綺麗に並べて収納することが出来ます。

ブーツスタンドで、スマート収納

ブーツスタンドは、ブーツキーパー同様型崩れすることなく収納することが出来ます。

靴箱に入るサイズなので、何足かをスッキリ収納することが出来てとても便利です。

マフラーなどの小物の収納術

冬物の小物は、マフラー・手袋・帽子など小物ごとに分類して収納すると綺麗に収納することが出来ます。

収納袋を活用

収納袋は、洋服以外にも小物を一気に入れて置けるので便利です。

クリアBOXを活用

文具などを入れるクリアBOXは、手袋やネックフォーマーなどかさ張らない小物を一気に収納出来ます。

不織布袋を活用

ブーツ同様、不織布袋はホコリをかぶらずに収納が出来て便利です。

多目的ハンガーを活用

多目的ハンガーは、ぶら下げておくことが出来るのでかさ張らずに収納出来ます。

突っ張り棒を活用

ハンガー同様ぶら下げておくだけで、マフラーなどは場所をとらずに収納することが出来ます。

カゴを活用

100均などで売っている蓋つきのカゴを利用すれば、マフラーや冬用の帽子も綺麗に収納することが出来ます。

蓋がないカゴは、上から布をかぶせておくことでホコリがつかずに綺麗に収納することが出来ます。

まとめ

・冬物を収納する前は、お手入れを忘れずに

・コートの収納は、シワやシミに気をつけて

・ブーツは、型崩れしない収納を

・小物はカテゴリーごとに分類をして、綺麗に分かりやすい収納を

来年もお気に入りの冬物を気持ちよく着れるよう、綺麗に収納して冬のおしゃれを楽しみましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ