▼「漢字」タグの記事一覧

歌う・唄う・謡う・謳うの意味・違いと使い分け

utau_thum

大きな声で歌う。 みんなで歌う。 学校の音楽の時間などでは、「歌う」という漢字を使っていましたね。 「うたう」には、他にも「唄う」「謡う」「謳う」など、沢山の漢字があります。 ここでは、それぞれの「うたう」の意味の違いや・・・

抑える・押さえるの意味と違い・使い分け 予約・ポイントをおさえるはどっちを使う?

抑える 押さえる

会議室を予約して欲しい時、「会議室、おさえておいて。」と頼んだりしますね。 また、要点を掴むという意味で、「ポイントをおさえる」と言ったりします。 こんな時の「おさえる」には、抑えると押さえる、どちらの漢字を使うのでしょ・・・

脅威・驚異の違い・意味と使い分け 自然の「きょうい」はどっちを使う?

kyoui_thum

キョウイの新人、登場! こう言われたら、どういう漢字の「キョウイ」を思い浮かべますか? 脅威の新人? 驚異の新人? どちらも目にしたことがありそうですが、どちらが正しいのでしょうか。 今回は、そんな脅威と驚異の意味や使い・・・

分かる・解る・判るの違い・意味と使い分け 犯人が「わかる」はどれを使う?

wakaru_thum

「よくわかる~」「○○がわかる~」、広告や本のタイトルなどでよく見かけますよね。 「わかる」という言葉には、分かる、解る、判るという漢字があるのですが、なぜひらがなを使うのでしょう? また、分かる、解る、判るは、どのよう・・・

収まる・納まる・治まるの違い・意味と使い分け 予算内に「おさまる」はどれを使う?

収まる・納まる・治まる

もめごとなどにうまく決着がついた時、「まるくおさまる」と言いますね。 こんな時の「おさまる」には、どの漢字を使うのでしょう。 「おさまる」には、「収まる」「納まる」「治まる」など、いろいろな漢字があります。 今回は、いろ・・・

図る・測る・計る・量るの違いと使い分け 体重を「はかる」はどれを使う?

図る・測る・計る・量る

©mojzagrebinfo 拡販をはかる、体重をはかる、相手の気持ちをはかるなど、「はかる」という言葉には、いろいろな漢字と使い方があります。 ここでは、「図る」「測る」「計る」「量る」の違いや、使い分けについて、調べ・・・

叶う・敵う・適うの意味・違いは?使い方の例文も紹介

叶う 敵う 適う

「叶う」「敵う」「適う」、どれも「かなう」と読みますが、漢字から来るイメージは、だいぶ違いますね。 それぞれの意味と使い分けについて、調べてみました。

荒いと粗いの意味・違いは?人やモノの〇〇に関することかどうかに注目すれば覚えやすい!

arai-thum

「あらい」には「荒い」と「粗い」がありますが、どのように使い分けるか迷いませんか? 運転が「あらい」や画像が「あらい」など。 あれ?この場合はどっちを使ったらいいの?と思わず迷ってしまうので、今回は「あらい」という漢字の・・・

保証・保障・補償の意味・違いと使い分け 保険やメーカー・学力はどれを使う?

hosyou-thum

「ほしょうする」という言葉は、いろいろな場面で聞きますね。 いざ、漢字にしようと思うと、保証・保障・補償、どれを使えばいいのか迷うことはありませんか。 ここでは、保証・保障・補償の意味・違いと使い分けを調べてみました。

「苦渋」と「苦汁」の違い・意味と使い方 「辛酸」や「煮え湯」とはどう違う?

苦渋 苦汁

よく政治家のコメントなどに使われる「苦渋の決断」という慣用句があります。 うっかり「苦汁の決断」と書いてしまうことはありませんか? 「苦汁の決断」は、間違いなのでしょうか。 ここでは、「苦渋」と「苦汁」の意味や使い方の違・・・

補足・捕捉・補則の意味・違いは?使い方の例文も紹介

補足 捕捉 補則

足らないところを補う時に、「補足する」といいますが、「ほそく」という漢字は、他にもあります。 例えば、「捕捉」や「補則」です。 それぞれの意味や使い方にはどのような違いがあるのか、調べてみました。

試行・施行・志向・指向の意味・違いは?使い方の例文も紹介

しこう

「しこう」という言葉を聞いた時、どんな漢字が頭に浮かぶでしょうか? 「志向」「思考」「指向」「施行」「至高」「試行」「歯垢」「嗜好」…。 「しこう」には沢山の同音異義語があります。 ここでは、その中でもよく使われ、間違え・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ