誤用が多い「たそがれる」の意味・語源と使い方 黄昏時の時間っていつ?

たそがれる

ぼんやりと窓の外を見ながら考えごとをしている友人に、「何をたそがれてるの?」なんて話しかけたこと、ありませんか?

でも実は「たそがれる」は、そういう「物思いにふける状態」を表す言葉ではないのです。

-----スポンサーリンク-----

たそがれるの意味・語源

「たそがれる」の意味は、2つあります。

1、日が暮れる。夕方になる。
2、人生の盛りを過ぎる。

「たそがれ」は、江戸時代までは「たそかれ」でした。

街灯なんてない時代は、日が沈むと周囲が薄暗くなって、向こうから来る人が誰か分かりません。

そこで「誰だ、あれは」という意味で「誰(た)そ、彼(かれ)」と尋ねたことから、「たそかれ」という言葉ができました。

「たそかれ」が、やがて「たそがれ」と発音されるようになり、そこから、動詞の「たそがれる」が生まれました。

ですから「たそがれ」とは「日が暮れたころ・夕方」のことで、「たそがれる」は「日が暮れる」ことを意味します。

「たそがれる」=「日が暮れる」ですから、「人生の日暮れ」すなわち「人生の盛りを過ぎる」という意味にも使われるようになりました。

漢字で書けば「黄昏れる(黄昏る)」ですが、これは、漢語の「黄昏(コウコン)」を、同じ意味の「たそがれ」に使った当て字です。

たそがれるの使い方・例文

正しい使い方

「たそがれる」は、「夕暮れになること」「人生の盛りを過ぎること」という意味で使われます。

例:6時を過ぎたころから、空がたそがれてきた。
例:私も、もうすぐ70歳です。たそがれて、昔ほどの元気はなくなりましたよ。

間違った使い方

「物思いにふける」「憂鬱な気分になる」「遠い目をして眺めている」という、ものうげでメランコリックな様子を「たそがれる」と表現するのは、誤りです。

× 君は、最近いつもぼんやりとして、たそがれているね。
× 僕は、放課後の教室にひとりで残って、たそがれているのが好きだった。

黄昏時の時間っていつ?

黄昏時(たそがれどき)は、日没後、薄暗い時のことです。

ちなみに、「あれは、誰だ?」という意味の「彼(か)は、誰(たれ)」からできた「かわたれ時」という言葉があります。

「かわたれ時」も、人の姿が見えにくい薄暗い時のことで、最初は、夕暮れ・明け方の両方を示していましたが、だんだんと「たそがれ時」が夕方、「かわたれ時」が明け方、と限定して使われるようになりました。

  • 夕暮れ =「たそがれ時」←「誰そ彼」
  • 明け方 =「かわたれ時」←「彼は誰」

まとめ

  • 「たそがれる」とは「日が暮れる」こと。「人生の盛りを過ぎる」こと。
  • 「物思いにふける」ということではない。

「黄昏流星群(たそがれりゅうせいぐん)」という中高年の男女の恋愛を描いた、すばらしい漫画があります。(作者:弘兼憲史さん)

たとえ人生の黄昏時を迎えても、まだまだ、何だって(恋だって)できるんですね。

元気にがんばりましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ