頑固な汚れ・水垢・尿石をきれいにするトイレ掃除術!重曹とクエン酸の使い方

トイレ掃除 水垢

トイレ掃除はどのくらいの頻度で行っていますか?

いつもピカピカでいたいけど、なかなかトイレ掃除って気分が乗らないですよね。

汚れには気づいているけど、そのまま放置してしまいがちです。

ただ、汚れは放置しておく程、なかなかとれずに困ってしまうんですよね。

そんな時は、重層とクエン酸を使って、手軽にお掃除をしてみましょう。

トイレの汚れを安全・安心に落としてくれる万能素材の重層とクエン酸で、ピカピカにお掃除をする方法をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

汚れを放っておくと…

トイレの汚れを放っておくと、赤い水垢や黒いカビ、黄色い尿石などで便器に汚れのレインボーが出来ます。

考えるだけでゾッとしますね。

この汚れを放っておくと、たくさんの細菌が増殖して病気や悪臭の原因になります。

汚いままのトイレへ行って、同じスリッパで部屋を行き来してしまうと、汚れを拡散させている状態が出来上がります。

免疫力が落ちている状態であれば、風邪やノロウイルス、膀胱炎など、様々な病気に感染しやすくなるかもしれません。

トイレは水場で汚れや臭いがでやすい場所なので、汚いまま放置せずに、週1回はこまめにお掃除をした方がいいでしょう。

重曹とクエン酸の効果

トイレ掃除には、市販の専用洗剤が多く売っていますが、天然素材の重層やクエン酸は、安心、安全に汚れを隅々まで落としてくれる優れものです。

重曹の5つの作用

重層は、「重炭酸ソーダ」の略で、別名ベーキングパウダー、重炭酸ナトリウムと呼ばれます。

食塩の親戚である、ナトリウム化合物のひとつです。

自然界に存在する地下水や海水などがまとまった優れた天然素材です。

重層には、大きく分けて5つの働きがあります。

重層の5つの作用
研磨作用 研磨材やクレンザーのように、塩より柔らかい分子結晶で汚れを分解
中和作用 弱アルカリ性は酸を中和して、水溶性にすることで汚れを落とす
消臭・吸湿作用 弱アルカリ性が悪臭そのものを中和分解。
湿気を吸収し、カビ予防も
発砲・膨張作用 炭酸水素が酸性物質と反応し、炭酸ガスを発生。
熱を加えても同じ働きをし、細かい汚れを浮き上がらせる
軟水化作用 水と油の仲介役をし、天然の界面活性剤となり、高い洗浄効果を発揮

肌にも優しい重層は、肌荒れが気になる方にも最適。

お掃除にも万能に使う事が出来ます。

クエン酸の3つの作用

クエン酸は、柑橘系に含まれる弱酸性物質です。

レモンや梅干しなど、身近な食品に成分が含まれています。

水に溶けやすく、抗菌除菌・消臭・溶解作用があります。

クエン酸の3つの働き
抗菌・除菌作用 雑菌を落とす、殺菌効果があり菌を撃退
消臭作用 アルカリ性の悪臭を中和し、解消する
溶解作用 汚れの成分に染み込み、汚れをゆるめて落とす

油の中和が出来ませんが、ミネラル分を含んだ頑固な汚れや水垢を落としたり、アンモニア臭を消したりと、水場の掃除には、欠かせない働きをしてくれます。

雑菌を増やさない「静菌効果」もあるので、トイレを清潔に保ってくれます。

-----スポンサーリンク-----

水垢の落とし方

用意するもの

  • 重層
  • クエン酸スプレー(クエン酸1に対して2倍量の水で薄めてたもの)
  • トイレブラシ
  • トイレクイックル

重層で汚れを落とす

便器に重層をそのまま振り掛けて、トイレブラシで磨きます。

汚れを中和し、水垢が綺麗に落ちていきます。

クエン酸スプレーで汚れを磨いて落とす

便器にクエン酸スプレーをし、トイレクイックルなどで拭き取ります。

消臭・殺菌効果もあるので、嫌な臭いも消してくれます。

タンクの汚れも落とす

重層1カップをトイレタンクに入れ、水受けにも重層を振り掛けます。

ひと晩おいて、翌日水を流せばタンク内の水垢やかびなどの汚れを落としてくれます。

つけ置きをするだけなので、とても簡単なお手入れです。

尿石の落とし方

用意するもの

  • 重層
  • クエン酸スプレー(クエン酸1に対して2倍量の水で薄めてたもの)
  • トイレブラシ
  • トイレクイックル
  • キッチンペーパー

頑固な尿石汚れは、ダブルでつけ置き

こすってもなかなか落ちない尿石は、重層+クエン酸スプレーのダブルで汚れを落とします。

便器に重層を振り掛け、その上からクエン酸スプレーをして、発砲させます。

5分ほどおくと、汚れが浮いてくるのでブラシで落とします。

細かい隙間は湿布法で汚れを落とす

便器の淵など汚れが気になる部分に、クエン酸スプレーをしキッチンペーパーで湿布します。

そのまま5分ほど置いたら、トイレブラシで汚れを磨きます。

汚れをつきにくくする5つのコツ

頑固な汚れを作らない為には、日々の予防策が大事ですね。

週1回はこまめにお掃除を

トイレは毎日使う場所なので、週1回はお掃除をすることをおススメします。

汚れを溜めないことが、一番の予防策になるので、週末やお休みを利用して、お掃除をしましょう。

汚れがついたら、ささっと拭く

便をした際や尿が跳ねてしまったしまった際に、ついてしまった汚れは、放置せずにささっとブラシでこすったり、拭いたりしてお掃除をしましょう。

ついた汚れはすぐに取った方が、固まらずにすぐにとれます。

重層でにおい防止

重層は消臭効果もあるので、トイレの嫌な臭いを溜めずにとってくれます。

プリンのケースなどが余ったら、重層を3分の1まで入れて置いておきましょう。

好みのエッセンシャルオイルを垂らせば、自分だけの芳香剤が出来ます。

10日に1回は交換してあげると、効果的です。

トイレのカバーを利用する

 

汚れを直接つけない為に、便座カバーや足マットを利用するのもひとつです。

汚れを直接飛び散らないようにすることで、トイレの汚れを防いでくれます。

トイレのスリッパも、部屋用と分けて使用する事で、汚れがトイレから出ずに済みます。

トイレマット等も、お掃除と一緒に週1回は洗濯をするといいと思います。

クエン酸スプレーをする

寝る前など1日1回クエン酸スプレーを便器にすることで、汚れ防止に繋がります。

プラスで拭き取りやブラシが出来ると尚いいですが

時間がない方はスプレーをするだけでも汚れや臭いを緩和してくれます。

まとめ

  • トイレの汚れは、病気や臭いの元
  • 重層・クエン酸は天然の安心・安全な掃除グッズ
  • 水垢は、磨いて落とす
  • 頑固な尿石は、つけ置きで落とす
  • 汚れ予防で、頑固な汚れを作らない

重層やクエン酸は、色々な効果があり、トイレ掃除に最適ですね。

上手に使いこなして、毎日のお掃除に役立てましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ