歌う・唄う・謡う・謳うの意味・違いと使い分け

歌う・唄う・謡う・謳う

大きな声で歌う。
みんなで歌う。

学校の音楽の時間などでは、「歌う」という漢字を使っていましたね。

「うたう」には、他にも「唄う」「謡う」「謳う」など、沢山の漢字があります。

ここでは、それぞれの「うたう」の意味の違いや使い分けについて、調べてみました。

-----スポンサーリンク-----

歌うの意味・使い方

歌うとは、音楽的な高低やリズムをつけて発声することです。

いろいろな「うたう」がありますが、常用漢字に含まれているのはこの「歌う」だけです。

そのため、最もよく使われていています。

例)校歌をアカペラで歌う。

例)有名な歌手がオペラのソロパートを歌ってくれた。

例)カラオケは、いつもボカロを歌うよ。

例)どこかで小鳥が歌っている。

歌う楽曲のジャンルや伴奏の有無を問わず、鳥など人間以外にも使うことができます。

ちなみに、百人一首などの和歌にも「歌」という漢字が使われていますが、和歌は「歌う」ではなく「詠む(作る)」といいます。

唄うの意味・使い方

唄うとは、音楽的な高低やリズムをつけて発声することです。

言葉の意味では、「唄う」は「歌う」と変わりません。

ただし、「唄う」楽曲は、日本に昔からある長唄や小唄などの場合が多いです。

「唄う」を使うことで日本情緒を感じさせたり、古めかしい雰囲気を与える効果があります。

例)寝る前には、いつも子守唄を唄ってくれました。

例)「故郷」を唄うと、昔の仲間を思い出します。

謡うの意味・使い方

謡うとは、音楽的な高低やリズムをつけて発声することです。

「歌う」や「唄う」と同じ意味ですね。

「謡う」対象は、日本古来の楽曲である、特に謡曲など文学的なものになります。

「唄う」に出てきた長唄や小唄は、大衆向けの音楽になるのでより身近な印象を与えます。

例)伯父さんが結婚式で高砂を謡ってやろうって言うんだよ。

例)謡曲は能の詞章や脚本のことで、独特の抑揚をつけて謡います。

謳うの意味・使い方

謳うとは、多くの人が褒め称えること

また、効能などを盛んに言い立てることです。

謳うには、楽曲に合わせて歌うという意味はありません。

例)新しい党首は名君だと謳われています。

例)サプリメントの効能を謳った文書が掲載されている。

歌う・唄う・謡う・謳うの違いは?

歌う、唄う、謡うは、言葉の意味は同じですが、対象になる楽曲や与える印象に違いがあります。

一般的には「歌う」を使い、特定の楽曲や雰囲気を重視したい場合に、「唄う」や「謡う」を使いましょう。

謳うは、他の「うたう」とは違う意味ですので、しっかり使い分けましょう。

まとめ

  • 歌う、唄う、謡うは音楽的な高低やリズムをつけて発声すること。
  • 歌うはジャンルを問わず、いろいろな楽曲に用いる。
  • 唄うは日本古来の大衆的な楽曲に用いる。
  • 謡うは日本古来の文学的な楽曲に用いる。
  • 謳うは多くの人が褒め称えること、効能などを盛んに言い立てること。

同じような漢字でも、与える印象が変わったり、意味そのものが全く違ったりするのですね。

特に「謳う」には気をつけて、区別して使いましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ