浮気と不倫の違い・定義は法律上ではどうなってるの?

浮気 不倫

「浮気」と「不倫」。

どちらも特定の相手以外の人に惹かれ関係を持ってしまうという意味だということはわかりますが、この2つの違いは何なのでしょうか?

法律上ではどのようなあつかいになっているのでしょうか?

そこで、今回はこの2つの言葉の違いと法律上のあつかいについて調べてみました。

-----スポンサーリンク-----

▼目次(クリックで見出しへジャンプ)

浮気の定義

一般に浮気とは、交際相手がいるにもかかわらず他の異性に心奪われることをいうようです。

この場合、交際相手と婚姻関係があるかどうかは問題ではありません。

結婚している場合も、結婚していない場合も「浮気」という言葉は使えます。

また浮気相手との交際の程度については、「ちょっと気になる程度」「手をつないだ」「キスした」「肉体関係」と、各人によって解釈が変わります。

極端な話、アイドルやアニメのキャラクターに夢中になるだけでも、人によっては「浮気」となります。

他方で、ちょっとした気の迷いで関係を持ってしまっても、心を奪われていなければ「浮気ではない」という解釈もできます。

不倫の定義

一方、不倫とは夫婦の貞操義務に反することです。

夫婦の貞操義務とは、「他の異性と性的交渉を持たない」というものです。

「浮気」と異なり、「不倫」は一方もしくは両方が既婚者であることが条件となります。

また、ボディタッチ程度では不倫とならず、性的な関係にならなければ不倫ではありません。

浮気と不倫の違いは?

言葉としての浮気と不倫の違いは、浮気がより幅広く「パートナー以外の異性と友だち以上の交遊をすること、心を奪われること」で、不倫は「既婚者が夫(あるいは妻)以外の異性と性的関係を結ぶこと」、もしくは「既婚者と性的関係を結ぶこと」に限られるといえます。

不倫に該当する行為を「浮気」ということはできますが、浮気は必ずしも不倫ではありません。

ちなみに、浮気も不倫も法律用語ではありません。

法律上問題となるのは既婚者の不貞行為(いわゆる不倫)で、民法で定められた離婚原因となるそうです。

未婚の男女が浮気をしても、貞操義務がないので不貞行為とはならないそうです。

とはいえ、未婚であっても内縁関係や婚約関係などの場合は貞操義務が発生するそうです。

「もうすぐ結婚だから、今のうちに遊んでおこう!」と思ってハメを外しすぎると、貞操義務違反になる可能性があります。

ご注意ください。

まとめ

  • 浮気は交際相手以外の相手に心を奪われること。友だち以上の関係となること。
  • 不倫は既婚者が貞操義務違反を犯すこと

法律上問題となるのは不倫に該当する行為だけですが、大切なパートナーを失わないよう、火遊びはほどほどにしましょう。

この記事を書いた人:JZK

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ