洗濯機のカビの掃除方法 重曹を使って簡単キレイに

洗濯機 掃除

洗濯機はどれくらいの頻度で使用しますか?

私は最近一人暮らしを始めて、新しい洗濯機を買いまして。

10分お急ぎコースがついているので、便利で毎日かけてしまいます。

仕事で夜に帰ってくるので、洗濯機をかけるのは夜のほぼ部屋干しなのですが、すごく便利だし、お部屋も乾燥せずに眠ることが出来て快適です。

話しは進みますが、そんな毎日使用するとても便利な洗濯機ですが、せっかくなら綺麗に長持ちして使用したいですよね。

今回は、洗濯機のカビの簡単お掃除方法をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

洗濯機の掃除頻度の目安は?

洗濯機のお掃除の頻度は、大体1カ月が推奨されています。

お掃除と言っても、大まかに洗濯槽と洗剤パック、ネットの掃除ですね。

ネットのお掃除は頻繁に

ただ、ネットのお掃除は週1回した方がいいです。

ネットは、洗濯から出た毛糸やホコリをキャッチしてくれるダストBOXです。

毎回洗濯後に、ゴミを取り除いてもいいですし、最低でも週1回は取り除くことで、ゴミが溜まらず洗濯を掛ける事が出来ます。

あまりゴミを溜めすぎると、ネットが破けてしまうので要注意です。

洗濯機掃除が必要な理由

そんなに頻繁にお掃除が必要なの?と驚く方もいますよね。

洗濯機掃除が必要な理由は、「カビ」です。

洗濯機には、カビが繁殖する条件が色々とそろっているからです。

程ほどな水分と適度な温度、洗濯カスなどの食料などカビが住みやすい環境なんです。

毎日着る衣類がカビ臭いのは嫌ですし、健康も害してしまいそうです。

洗濯機は、こまめに清潔にお掃除しておくことが重要です。

特にカビが繁殖しやすい春から夏にかけてはこまめなお掃除を心掛けたいところです。

黒カビにてき面!手作り重層スプレー

重層は、天然素材ながらお掃除に大活躍してくれる優れものです。

重層には、静菌効果があるので、黒カビにももちろん効果があります。

市販での重層スプレーも売っていますが、粉末で買った方が量もあり、長く使えて経済的ですね。

作り方は簡単です。

ぬるま湯5:重層1で混ぜれば出来上がりです。

頑固な汚れには、酸素系漂白剤を一緒にまぜるとより洗剤力や漂白力がパワーアップします。

塩素系の漂白剤と違い、刺激も少なく色々な用途に使用できます。

衣類はもちろん、台所や洗面所など色々な掃除にも活用可能です。

上記の重層スプレーに混ぜる場合は、重層の1/2の量をまぜるとちょうどいい量になると思います。

-----スポンサーリンク-----

洗濯機の掃除手順

では、ここから洗濯機の掃除手順について書いていきますね。

ネットのお掃除

ネットのお掃除はとても簡単です。

ネットがついたダストBOXが洗濯層の内側についているので、引き抜いてゴミを捨てるだけ。

必要な場合は水洗いをしてもいいですが、ゴミを取り除く際はむしろ少々乾燥している方が取り出しやすかったりします。

洗剤注入口のお掃除

洗剤の注入口は、1.粉洗剤2.液体洗剤3.柔軟剤と別れている場合が多いです。

それぞれ歯ブラシで、注入口についた余分な洗剤を落とし、拭き上げます。

すでに黒カビがついてしまっている場合は、重層スプレーでこすり洗いすることがおススメです。

中に溜まってしまった洗剤カスを落とす際は、注入口に60度ほどの熱めのお湯を入れて洗濯機を回すことで、中の洗剤が溶けてくれます。

どちらにせよ、洗剤注入口の清掃後は、カビやホコリなどの汚れが洋服についてしまうので、一度中身を入れずにカラ回しをしてくださいね。

洗濯槽のお掃除

洗濯槽のお掃除は、つけ置き掃除がおススメです。

まずは洗濯機に最大量の水をはります。

可能であれば、残り湯などのぬるま湯を使用すると、重層も溶けて効果的です。

水orぬるま湯を張ったら、重層を大体1カップ入れます。

重層を十分に溶かす為に洗いコースで5分ほど回すといいです。

そのまま1晩ほどつけ置きをします。

ゴミが浮いている場合があるので、桶などで取り除きましょう。

一度水を脱水で流し、再度標準コースで洗濯機を洗います。

重層での洗濯槽掃除は、効果は徐々に表れるので、一回ではなかなか効果が分からない場合があります。

ただ、重層には、洗濯槽についた汚れを落とす洗浄力やカビなどを防ぐ除菌力が十分にありますし、効果は徐々に実感できます。

洗濯機をきれいに保つコツ

洗濯機をきれいに保つコツは、他にも色々とあります。

洗濯機のお掃除はこまめに

上記にもお伝えしましたが、洗濯機のお掃除をこまめにすることで掃除も楽になりますし、洗濯機を綺麗に保つことが出来ます。

洗濯回数や量にもよると思うので、自分の生活ライフにあった頻度で洗濯機をメンテナンスすることで洗濯機を長く使う事が出来ます。

洗濯機の寿命は、大体8年ほどと言われています。

ただ、上手に使わないと早く壊れてしまうこともあるので、大事に使いたいですね。

洗濯機台を活用する

洗濯機に洗濯機台を設置することで、洗濯機を床に直接置かなくて済むので、滑落防止や騒音防止になります。

洗濯機の下に隙間も出来るので、ホコリも溜まることもなく、掃除機も楽にかける事が出来ます。

ホースもしたなど、掃除しずらい箇所も掃除しやすくなるので、洗濯場所の環境も良くなりそうです。

重層を活用する

重層は清掃以外にも、色々と活用法があります。

洗濯後に、洗濯機に適量振りかけておくことで、除菌・消臭効果があります。

もちろん、カビ予防にもなるので、おススメです。

そのまま洗濯物を入れて、洗濯をしても問題ないのでとても便利です。

重層+酸素系漂白剤を活用する

上記でもご紹介しましたが、酸素系漂白剤にも除菌、消臭、漂白効果があります。

重層との相性がよく、色々な箇所に使用できます。

もちろん洗濯槽にも使用可能です。

使い方は、重層とほぼ一緒なので、単品でも重層と合わせて使用しても十分に効果が得られます。

重層同様、とてもコスパが良い商品なのでおススメです。

まとめ

1.洗濯機のお掃除頻度は月1回がおススメ

2.重層スプレーは、手作りで経済的に

3.お掃除法は、簡単つけ置き法で

4.重層+酸素系洗剤で洗浄力を高めてより効果的に

5.綺麗に保つコツで洗濯機を長持ちさせよう

洗濯機は、毎日使う家電だからこそしっかりしたメンテナンスが必要ですね。

しっかりお掃除して、安心出来る衣類で、おしゃれを楽しみましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ