Windows10でパソコン画面の明るさ・コントラストを調整して目の疲れ対策

目 疲れ

普段パソコンを使っていて、「眩しいな」とか「光で目が疲れるな」と思ったことはありませんか?

私は仕事柄パソコンを使うことが多く、長時間ディスプレイの光を見ているとかなり目に疲労が溜まります。

そこで今回は、パソコン画面の明るさやコントラストを変更する方法をご紹介します。

ディスプレイの光量を抑えることで、だいぶ目が楽になりますよ。

-----スポンサーリンク-----

パソコンの目への影響

パソコンから出る光で有名なのが「ブルーライト」ですよね。

ブルーライトは目へのダメージが大きく、長時間パソコンの光を見続けることは、視力低下の原因となります。

それだけでなく、網膜に損害を与えることにより、最悪の場合失明のリスクもあるようです。

Windows10で画面の光量を調節する方法

単純に疲れるというデメリットもありますが、それ以上に目への影響が心配なパソコン。

でも、仕事でパソコンを使うという場合は、ブルーライトを見ないわけにはいきません。

そこで、目の負担を少しでも減らすために、パソコン画面の光量を調節する手順を紹介します。

私はWindows10を使っているのでそのやり方になりますが、他のOSでも大きくは違わないと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

Windows10 メニュー
まず、トップ画面左下のWindowsロゴをクリックし、歯車のマークを押してください。

Windows10 設定
するとこのような画面が表示されるので、「システム」をクリックします。

ディスプレイのカスタマイズ
左側のメニューの「ディスプレイ」を選択し、「ディスプレイの詳細設定」をクリックしてください。

色調整
「色の設定」という項目の「色調整」をクリックします。

色調整
するとこのような画面が表示されるので、画面右下の「次へ」をクリックしてください。

ガンマの調整
「ガンマの調整」というところで、明るさを調整することが出来ます。

カラーバランスの調整
「カラーバランスの調整」というところで、コントラストを調整することが出来ます。

パソコンによる目の疲れ対策3選

上記のやり方でパソコンの画面の光量を調整することが出来ますが、さらに私がやっている目の疲労対策をご紹介しておきますね。

ブルーライトカットのメガネを使用

「ブルーライトカットのメガネってそんなに変わるの?」って思ってませんか?

私も以前はそう思っていたのですが、思い切って購入してみると全然違ってビックリしました!

もうこれ無しでは作業出来ないぐらいです。

色付きのものとそうでないものがありますので、がっつりカットしたい場合は色付きをお勧めします。

定期的に遠くを見る

忙しい時はどうしてもパソコンの前に座りっぱなしになるかと思いますが、1時間に1回ほど席を立ち、遠くを見るようにしてみてください。

1点を見つめていると目に負担がかかりますし、立ち上がって背伸びなどをすることで気分転換にもなりますので。

サプリを飲む

正直効果のほどは半信半疑ですが、一応科学的には良いとされているようです。

気持ち的に楽になった気もするので、科学の力に頼ってみるのもアリかと思います。

まとめ

  • パソコンのブルーライトは視力低下や失明の危険性あり
  • パソコンの明るさ・コントラストを調整することで少しでも目を楽に
  • ブルーライトカット眼鏡・定期的な休憩・サプリで目の疲労対策を

人間って視覚から得る情報がかなり多いらしいです。

そんな大切な目を日々労わって生活していきたいですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ