3000円代は高い?赤・白別のおいしいワイン6選!プレゼントにも最適!

ワイン 3000円­

皆さんワインを選ぶ時の基準はお決まりですか。

ワインが好きで詳しい方はソムリエに聞かなくても、自分自身でその時飲みたいワインをラベルでおおよその味わいを判断してお選びいただくかと思います。

しかしワインが詳しくない方はどうでしょうか。

ラベルで判断は到底難しいお話で、ソムリエさんに聞いたりしてその都度利用する方がほとんどではないでしょうか。

そして多くの方が1番気にされるのは、ワインは開けて買うことできないので、味は抜きにして価格の部分ではないでしょうか。

そこで今回は1番悩ましい価格の部分、しかも微妙なラインの価格帯にフォーカスしてみましたので、是非参考にしてみてください。

-----スポンサーリンク-----

3000円のワインは高い?

極端なお話ですが、もし¥300でワイン1本を購入することができたら、これは誰でも安いと思います。

反対に¥10,000のワインを1本購入となった場合は、特にワインの詳しくない方、初心者には相当高く感じるはずです。

では表題にもあります¥3,000くらいのワインは実際どうなのか。

私もこの手のタイプはよく質問をされる内容ですが、結論から言うとどうもこうもない。

個人的な問題ですし、好みもそれぞれなので優劣はつけられるわけがない。

と、これが答えですが、少々冷たく思われてしまいますので、3つの使徒、シチュエーションを意識していただけるとこの¥3,000の響きが変わるでしょう。

自宅でワインを飲む時の¥3,000

家で飲むのだから安いのでいいという方もいらっしゃいますし、せっかく美味しい手料理を作ったんだから、ちゃんと食事に合ったワインを飲みたい。

この自宅で楽しむ¥3,000の感覚。

レストランなど外食時の¥3,000

ボトル1本でこの価格なのか、高級レストランではグラス1杯がこの価格だったりもします。

しかしレストランやホテルは利益を乗せますよね。

それでは一体この¥3,000のワインはいくらで、これを高いと思うか安いと思うか。

プレゼントや持ち寄りの時に利用する¥3,000

目上の方に対してご贈答で送るのであればこの価格は妥当なのか。

はたまたお友達のお家に持っていくのに対してこの¥3,000は逆に高すぎてしまうのか。

その結果

このように3つのシチュエーションだけでも掘り下げるともはやよくわからなくなってきますよね。

それもこれも全てはこの¥3,000という価格の中途半端さが大きな原因かと思います。

ある意味1番難しいこの価格帯で、ある程度失敗しないワインを選びたい方も多いはずです。

そこで下記にオススメをいくつかご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

また、記事の1番下に3000円のワインは高いのか、安いのか、アンケートをご用意致しましたので、皆様のご意見も参考にしていただけたらと思います。

-----スポンサーリンク-----

3000円代のおすすめ赤ワイン3選

クラレンドル・ルージュ

ボルドーの5大シャトー、シャトー・オー・ブリオンを手がけるスタッフのパフォーマンスの高いワインです。

酸味や渋みのバランスがうまく整っているため飽きのこない、ゆっくりお飲みいただけるワインです。

見た目も品のあるラベルですし、ネームバリューも有名どころのものなので、安心してこの価格でお楽しみいただけるでしょう。

ランゲ・ネッビオーロ・モンテグリッリ

イタリアのピエモンテ州からバローロで有名な造り手が手がけるワインです。

ランゲからとれるネッビオーロ種を、国際品種を一切使わずに単一で仕上げていくワインは、本来バローロを造ろうとしたところを、あえてこのスタイルでリリースしていることが特徴です。

綺麗な酸味と巨力な渋みがありますが、その渋みも気にならないほどの果実味もしっかりついてきます。

玄人を唸らせるワインでしょう。

ヴィントナーズ・リザーヴ カベルネ・ソーヴィニヨン

ワイナリーの歴史はそれほど古くはありませんが、カリフォルニアのワインを牽引している数々の賞を受賞しているワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨンがメインのワインは、カシスやベリーなどの果実感がジューシーに口いっぱい広がるワインです。

適度に甘みも感じるので、日本人の口には大変合うのではないかと思います。

また、オバマ前大統領もお気に入りのワインということで、著名な方もお楽しみいただいてる素晴らしいワインです。

3000円代のおすすめ白ワイン3選

コトー・ブルギニョン・ブラン[メゾン・ルロワ]

フランスはブルゴーニュの名門の造り手のワインです。

マダム・ルロワの話を語り出したらきりがないほどの素晴らしい数々のお話があります。

有名なところで言えば、あのロマネ・コンティを手がけていたという点でしょうか。

卓越したテイスティングの感性の持ち主ともいわれ、完璧なワインに仕上げるレベルはもはや世界でもトップクラスです。

味わい以前に彼女の白ワインはワインの心髄を確認できる大変秀悦なものばかりです。

とても¥3,000代とは思えない味わいです。

マコン・ヴィラージュ

一口にマコンと言ってもたくさんの生産者がいるのですが、こちらはコント・ラフォンという大変優秀な造り手のワインです。

特に酸味が穏やかで、白ワインの辛口の入り口としてはオススメのワインです。

一口で飲みやすいというのがわかる味わいに、品のある果実味を表現しているのは、さすがの技術です。

是非1度お手にとってみてくださいね。

イエルマン シャルドネ

「ワー・ドリームス」で有名なフリウリの最高峰の造り手のイエルマンが手がけるワインです。

こちらのワイナリーの入門編と思っていただいてもよろしいでしょう。

元々は個性のないシャルドネ種ですが、そのテロワールを最大限に活かし、飲みやすさと洗練されたコクは是非1度お楽しみいただきたいワインです。

まとめ

色々と書かせていただきましたが、1番は楽しくワインを飲んでいただきたいと思います。

ワインを選ぶのも楽しみの1つです。

失敗もして勿体無い気持ちになることができるのもワインの魅力ですし、逆に自身の中で美味しいワインに出会った時の感動は一段と嬉しいものがあります。

表題の価格帯のワインはあくまでも参考にしてください。

それでもオススメですよ。

あまり難しく考えず、ワインをどのシチュエーションに使うかをイメージしていけば、自然に手の出るワインが決まってくるかと思います。

聞き流す程度にこちらの記事がお役に立てれば幸いです。

アンケート「3000円のワインは高い?安い?」

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ