スパークリングワインとシャンパンの値段や味の違いは?おすすめ4選

スパークリングワイン シャンパン

華やかな乾杯を彩ってくれるシャンパンやスパークリングワインは、日本でも多くの方に愛された飲み物です。

泡ものは注いだ瞬間に大変きれいな気泡と、飲みやすさも兼ね備えているため、特に女性の方は好んでお楽しみいただいているでしょう。

乾杯で飲む泡ものは食欲増進の効果や、胃を活性化してくれるため、その後にとる食事をさらに美味しくしてくれる手助けもしてくれる、我々にとっては美味しいだけでなく、大変効果的なアルコールのひとつです。

そこで今回は、シャンパンとスパークリングワインの違いをご紹介いたします。

ご存知の方も多いと思いますが、意外と知らない方もいらっしゃいますので、是非参考にしてみてください。

-----スポンサーリンク-----

スパークリングワインとは?

まずはスパークリングワインですが、こちらはワインの部類でも発泡性ワインの総称を意味しています。

なのでシャンパンもスパークリングワインの中のひとつになります。

スパークリングワインにも種類がたくさんあり、造られる際に含まれる二酸化炭素の量で弱発泡性のものもあれば、強発泡性のものもあります。

各国ごとに厳しい規定や決まりがございますが、スパークリングワインに残っている残糖の量によって、ワインそのものの味わいが甘口に仕上がるのか、または辛口に仕上がるのかも変わってきます。

造り手や国によって使われるブドウも異なりますが、そこで造られた発泡のものは全てスパークリングワインになります。

代表的なスパークリングワイン

代表的なものでいえば、スペインのカヴァ、フランスのクレマン、イタリアのスプマンテ。

これらはシャンパンと全く同じ作り方をしております。

しかしシャンパンとは名乗れないスパークリングワインの1部です。

なぜいえないのかというとこれは次章に記述しますが、大変有名で美味しいスパークリングワインです。

使われるブドウはシャンパンとは異なりますが、厳しい規定をくぐり抜けた優秀なものです。

細かい部分はまだまだたくさんありますが、このくらいの知識をスパークリングワインでは頭に入れておいてください。

シャンパンとは?

それではシャンパンとはどういったものをいうのでしょうか。

スパークリングワインは全ての発泡性のワインのことを呼び、シャンパンもその中のひとつです。

大きな違いはとしては、フランスにあるシャンパーニュ地方で造られ、特定のブドウ品種を使用し、かつ決められたシャンパンの造り方。

これらを全てクリアしたものをシャンパンと名乗ることができます。

なのでシャンパーニュ地方で造られても、特定のブドウや、造り方が全く違ったものでしたら、スパークリングワインという表記になってしまいます。

では特定の造り方、ブドウ品種とはどういうものなのでしょうか。

シャンパンのブドウ品種

まずはブドウ品種。

こちらはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ。

この3種類の中から利用されているものが条件となります。

実はシャンパーニュ地方はフランスの中でもかなり北部の方に位置しているため大変寒い地域の位置になります。

ワイン用のブドウを育てるのには大変厳しい環境です。

この地域で造られるブドウは、いい年であれば相当貴重で、価値も高く重宝されるものでございます。

シャンパンの造り方

次にシャンパンの造り方です。

シャンパンといわれるものは、瓶内二次発酵で造られているものです。

この瓶内二次発酵というものは、シャンパンを造る過程でビンの中で2回発酵させることをいいます。

この特定の造り方で造られたものをシャンパンと呼んでおりますが、同じようにシャンパーニュ地方以外でも利用されている造り方でもあります。

この伝統的な製法に加えアルコール度数が11%以上になっていることが必須条件です。

これらを全てクリアしたものだけをシャンパンと名乗ることができます。

少々難しいかもしれませんが、頭に入れておいていただければと思います。

-----スポンサーリンク-----

スパークリングワインとシャンパンの違いは?

まずは上記であげた、生産方法、ブドウ品種、シャンパーニュ地方での生産かどうか。

この点は違いを表すのに大変重要な項目です。

特に瓶内二次発酵は伝統的なシャンパン製法ですが、他にもタンクで発酵させるシャルマ方式や、直接炭酸ガスを注入する作り方もあります。

しかしこれらも全ては瓶内二次発酵以外なので、シャンパンのくくりではございませんが、スパークリングワインになります。

味の違い

もちろん味わいも大きく変わってきます。

厳しい条件で仕上がるシャンパンは、洗練された大変華やかなものが多いでしょう。

もちろんスパークリングワインも負けてはません。

技術の進歩とともにシャンパン同様高級なものも多くあります。

ここ最近ではイギリスのワインなど評判が非常にいい情報もあります。

下記にオススメのシャンパンやスパークリングワインをご紹介します。

是非参考にしてみてください。

おすすめスパークリングワイン

プロジェクト・クワトロ・カヴァ

  • 生産者 クロ・モンブラン
  • 味わい ふくよか
  • 品種 マカブー 40%、チャレッロ 40%、パレリャーダ 15%、シャルドネ 5%
  • 生産地 スペイン カタルーニャ

シャンパン製法のスパークリングワインの代名詞あのカヴァは日本でも多くの飲食店やご家庭で楽しまれているものです。

こちらのカヴァは初心者の方でも大変飲みやすいふくよかな味わいに、低価格なのが魅力的なワインです。

見た目も可愛いらしいもので、気軽に楽しんでいただくには外せない1本です。

イプシロン・スプマンテ・ブリュット ゴールド

  • 生産者 カ・ディ・ライオ
  • 味わい すっきり
  • 品種 グレーラ 100%
  • 生産地 イタリア ヴェネト

イタリア国内でも多くの方が飲まれているグレーラというブドウ品種から造られたスパークリングワインです。

日本でも主に飲食店は、味わいも含め大変利用しやすい価格帯と味わいが魅力的なワインです。

基本的にはスッキリした味わいなので、和食とも相性がいいとこも嬉しいかきりです。

乾杯のお供に利用してみてください。

おすすめシャンパン

ボランジェ スペシャル・キュヴェ

  • 生産者 ボランジェ
  • 味わい ふくよか
  • 品種 ピノ・ノワール60%、シャルドネ25%、ピノ・ムニエ15%
  • 生産地 フランス シャンパーニュ

世界中のシャンパン愛好家がこよなく愛するシャンパンです。

通常シャンパンはヴィンテージの記載がございません。

記載があるものは高級なものが多いです。

しかしこちらのワインはそんなことは関係なしの問答無用の風格と気品に溢れているシャンパンです。

重厚感のある味わいに、綺麗な酸味が重なり合う瞬間がたまらないシャンパンです。

ペリエ・ジュエ・グラン・ブリュット

  • 生産者 ペリエ・ジュエ
  • 品種 ピノ・ノワール40%、シャルドネ20%、ピノ・ムニエ40%
  • 味わい ふくよか
  • 生産地 フランス シャンパーニュ

アナモネの花ボトルで有名なこちらのシャンパンも非常に飲みやすいワインで好評です。

奥行きがある分複雑味を感じることができるワインですが、決して飲みにくいということではないのでご安心ください。

ボトルのシンボルのお花のような味わいを感じることのできるワインです。

まとめ

  • スパークリングワインは全ての発泡系ワインの総称。
  • シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で条件を満たしたものだけをいうことができる。
  • スパークリングワイン、シャンパンともに良さがある。

いかがでしたでしょうか。

色々と複雑ですが、案外覚えてしまうと以外に簡単なことも多いはずです。

いずれにせよ、華やかなワインなことは間違えありません。

みんなで楽しく飲みましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ