白ワインは冷やすといいって本当?赤ワインのおいしい飲み方は?

白ワイン

「ワインって一言で言っても、白に赤、ロゼもあって、種類も多くてどうやって選んでいいのか分からない」なんて思ったことありませんか?

私もワインスクールに通うまでは、そうでした。

周りの人に、全てお任せ。(苦笑)

でも一旦ワインに興味が湧くと、「今日は品種で選ぼう」、「今日は地域を絞って選んでみようかな」と自分で飲みたいワインが徐々にはっきりしてくるんです。

そうは言っても難しいことは置いておいて、「兎に角美味しくワインを飲みたい!」という方に、今回はテーマをワインを飲む際の適温、保存方法と美味しい飲み方に絞ってご紹介します。

ワインがおいしく飲める温度は?

ワインを正しい温度で飲むということは、ワイン本来の香りや味を存分に引き出し、楽しむことができるということです。

反対に、冷たすぎたり暖かすぎると、折角の美味しいワインを台無しにしてしまうことになるんです。

白ワイン・ロゼワインの場合

例えば、白ワインとロゼワイン、店頭の冷蔵庫で冷やして売ってるとこが多いですよね。

レストランでも、必ず冷えた白ワインとロゼワインがサーブされると思います。

白ワインとロゼワインを飲む際の望ましい温度は、8°C~12°Cと言われています。

冷蔵庫で飲み物を冷やす温度が約3°Cなので、冷蔵庫から出してから30分ぐらい経ってから飲むのがベスト。

白ワインやロゼワインは、赤ワインと比べて酸味が強いものが多いので、冷やすことによって、葡萄の酸味と甘みのバランスが良くなります。

反対に冷やさず飲むと、酸味がぼけて、ぼやけた味になってしまいます。

赤ワインの場合

では、赤ワインはどうでしょう?

赤ワインの適温は、12°C~18°Cの間。

冬場だったら冷やす必要はないと思いますが、日中の温度が30°Cを超える夏場はどうでしょうか?

ワインも汗をかくんですよ。

汗をかいたワインを飲むと、タンニンを強く感じてしまい、口の中で渋味を感じると思います。

また、葡萄本来の甘みが損なわれ、酸味が際立ちます。

なので、夏場は赤ワインを少し冷やして飲むとより一層美味しく飲めます。

夏場の仕事終わりに、少し冷えた赤ワインと焼き鳥、想像しただけでもよだれが。

ワインはどのように保存すればいいの?

レストランでワインセラーって見たことありますか?

あれはワイン専用の冷蔵庫のようなもので、希望の温度を設定してワインを保存することができるんです。

赤白問わず、未開封のワインを保存するのに理想的な温度は、13°Cと言われています。

ワインを保存する際にやってはいけないこと3箇条

急激な温度の変化を避ける

直射日光を避け、一年中温度が安定した、涼しい場所で保管しましょう。

70%を超える湿度を避ける

カビなどが発生する原因になり、ワインが劣化する恐れがあります。水回りも避けましょう。

過度な揺れを避ける

なるべく横に寝かしたままで保存しましょう。

就職や結婚した年のワイン、子供の誕生日の年のワインを大切に寝かして、思い出話を咲かせながら記念日のワインを飲んでみてはいかかですか?

開封した後の保存方法

では、開封して飲みきれなかったワインはどうでしょう?

ワインは空気に長く触れていると食べ物と同じで酸化してしまうので、もしあれば、小さめのボトルに移し替えるのがベスト。

でも、しっかりとコルクを閉めて、冷蔵庫で保管して、2、3日中に飲めばまだまだぜんぜん美味しく飲めます。

もしくは、専用のワイン道具(簡単な手作業でボトル内の空気を抜き取り、ワインの酸素による酸化を防ぐ)を一つ持っていれば、重宝するかも。

ワインのおいしい飲み方

ワインって、どんな時に飲みますか?

レストラン、友達と花見の席で、家で食事と一緒に、寝る前に一杯とシチュエーションは様々だと思います。

ワイン単体で飲むのもいいけど、やっぱり食事と併せると一層ワインが美味しくなると思うんですよね。

そこで、家でワインを美味しく飲む楽しみ方をご紹介します。

白ワインに合う料理

ワインと合う食事を思い浮かべる際、ついつい洋食を連想しがちですが、和食にもワインってとっても合うんですよ。

特に、白ワインならなんとなく和食に合いそうな気がしますよね。

例えば、お刺身、白身魚の塩焼き、お寿司、ちらし寿司に水炊きなどのあっさりした鍋類。

白ワインの中でも、なるべくドライなもの、例えばフランスなら、シャブリや、ロワールやアルザス地方。

品種で言うと、シャルドネ、シュナン・ブラン、ソービニョン・ブラン、リースリングなどが比較的合うと思います。

赤ワインに合う料理

赤ワインだって、結構イケますよ。

焼き鳥、モツ煮込みや味がしっかりついた鍋類には、個人的にローヌや、南仏の少し軽めの赤、後、ロワール地方の赤もいいと思います。

品種で言うと、シラー、グルナッシュやカベルネ・フランなどが比較的合うと思います。

ロゼワインに合う料理

私はロゼワインもけっこう好きなのでよく飲みます。

ロゼワインだと、プロヴァンス地方のバンドールとかが有名ですね。

よく冷えたロゼワインを片手に、公園でピクニックをしながら過ごす至福の休日。

後、やっぱりワインとチーズって合いますよね。

生産された国や地域が同じ方が、ワインとチーズも相性がいいと思います。

例えば、パルメザンチーズには、イタリアの赤とか。

カマンベールには、フランス産のしっかり目の白や、軽めの赤とか。

家でホームパーティーをする機会があれば、食後にチーズ2、3種類と、その脇に、干し葡萄や干しイチジクなどを添えると喜ばれると思います。

チーズは別腹かっ!?笑

まとめ

  • 白ワインは冷蔵庫で冷やして、30分置いてからが飲みどき
  • 赤も夏場の暑い時は、少し冷やして
  • 保存する場合は、直射日光が当たらな涼しい場所で
  • 飲みきれなかったワインは、コルクをして冷蔵庫で保存
  • 普段の食事にもワインを合わせて

これでばっちり!もうワインの飲み方で迷うことはありませんよ。

ここからは筆者の小言。

ワインって、年度が書かれてますよね。

ビールに焼酎、日本酒もいいけど、年度が書かれてるお酒ってなんか特別な気がします。

同じワインで、年が違うものを味を比較しながら試飲してみたり。

この年はこんなことがあったねと、語らいながら飲めるのって素敵だなって。

ワインには飲む人の思い出も一緒に呼び起してくれる、不思議な力があると思います。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ