ワインのポリフェノールは効果なしって本当?正しい効能とは?

ワイン ポリフェノール

「フレンチ・パラドックス」って聞いたことありますか?

フランスはボルドー大学の科学者セルジュ・レムーが1991年に打ち出した説で、「フランスは近隣の西欧諸国よりも、チーズやバターに含まれる乳脂肪や、フォアグラや肉などの動物性脂肪を多く摂取しているにもかかわらず、心臓病の死亡率が低い」というもの。

低い理由として、フランス人が多く飲む赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールには、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用や抗ガン作用を向上する効能があると発表したのです。

これに対して、「フランス人はワインの飲みすぎで肝疾患で死ぬ人が多いから、相対的に心疾患で死ぬ人が少ないだけだ」という反論があったり。

実際、ポリフェノールには健康に良い効能があるんでしょうか?

今回は、ポリフェノールに付いて詳しく調べたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

ポリフェノールとは?

ポリフェノールとは、植物が活性酸素から身を守るため作り出す抗酸化物質のことです。

ほとんどの植物に含まれており、香料や色素として、古くから食品や化粧品に使われてきました。

2009年に発表されたお茶の水大学とネスレ日本の共同研究・調査によると、日本人が最も多くポリフェノールを摂取している飲料はコーヒーだということです。

ワインではないんですね。

近年では、アルコールを含まないポリフェノール飲料として、コーヒーに注目が集まっているとか。

ワインにポリフェノールはどれぐらい入ってるの?

ぶどうの果皮や種には、アントシアンやタンニン、レスベラトロールなどのポリフェノールが多く含まれています。

製品によっても異なりますが、赤ワインのポリフェノール含有量は、100gあたり230mg程度です。

赤ワインが発酵後に圧搾するのに対して、白ワインはへたを除去後すぐに圧搾するため、果皮や種との接触時間が少ないので、赤ワインの方がポリフェノールを多く含みます。

ポリフェノールの4つの効果

血圧を低下させる

ポリフェノールには、高血圧を予防してくれる働きもあります。

ポリフェノールの中でも、リンゴポリフェノールは高血圧を引き起こすアンジオテンシンという酵素を阻止する働きがあります。

またカカオポリフェノールは血管の拡張を助け、血圧を下げる働きがあります。

ただ、ポリフェノールの吸収を乳脂肪が阻害するので、チョコレートを食べる場合は、カカオ成分の多いものを選びましょう。

動脈硬化を予防する

ポリフェノールには、血液をサラサラにしたり、血管をしなやかにする効果があります。

ガンを予防する

多くのポリフェノールには抗ガン作用がありますが、その中でも特に効果が高いと期待されているものをご紹介します。

  • カテキン:抗酸化作用が高いことでも知られている
  • コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸):特に、直腸がん、胃がん、肝臓がんに効果が高いと言われています
  • リンゴポリフェノール:がん細胞を制圧する力が高い

アルツハイマー型認知症を予防する

アルツハイマー型認知症は、加齢により脳の中に不要なタンパク質が蓄積することが原因で起きると言われています。

ポリフェノールには、この蓄積と拡がりを抑える効果があると言われています。

また最近では、ポリフェノールが持つ抗酸化作用には、老化を防ぎ寿命を延ばす効果があるとも言われています。

巷で言われている効能は嘘?

ここまで、散々ポリフェノールが体に良いと書いてきましたが、ショッキングな論文が発表されました。

なんでも、イタリアはキャンティ地方に住む65歳以上の男女783人を対象に行った調査によると、ポリフェノールを含む食事を取っても、死亡、ガン、心疾患が極端に減少するとは言えないとのこと。

この調査だけで、ポリフェノールの効能を完全に否定することはないと思いますが、タブレットなどでわざわざ取るというよりは、野菜やフルーツなどバランスの取れた食事を心掛けることが大切なんでしょうね。

本当のワインの効果効能

ワインには多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれています。

これらの成分は通常人体に30〜40%しか吸収されないそうですが、ワインの成分は100%吸収されると言われています。

若いワインより、熟成が進んだワインの方が効果が高いらしいです。

と言うのも、長期貯蔵ワインは高分子化が進み、この高分子化とポリフェノールで、ダブル効果が期待できるとか。

その他の効果は上に明記した通りですが、その他にワインに多く含まれるレスベラトロールは、長寿効果があり。

ただ、なんでも適切な量があるので、体にいいからと言って、飲み過ぎには注意しましょう。

ポリフェノールが豊富なおすすめ赤ワイン

タンニンが多いボルドーなどがおすすめ。

長期貯蔵向けおすすめ赤ワイン

ゆっくりと時間をかけて楽しみたい場合はバローロがおすすめ。

ちょっと余談。ポリフェノールだけじゃない、白ワインがもつ効能5つ

1.整腸作用:白ワインに含まれる有機酸の効果によるもの

2.殺菌効果:白ワインに含まれる有機酸とアルコールにより、強力かつ即効性のある殺菌作用が期待できる

3.骨粗鬆症の予防:カルシウムとマグネシウムが含まれており、ミネラルが豊富

4.美容効果:ポリフェノールがカルシウムの吸収を促進して、血行を良くする

5.ダイエット効果:白ワインに含まれるカリウムによって、老廃物を排出するデトックス効果あり

ポリフェノールの効果を高めるために

ポリフェノールは酸化しやすいという特徴があり、空気に触れると減少していってしまいます。

ビタミンCには酸化したポリフェノールを修復する働きがあるので、より効果的に摂取するには、ビタミンCと一緒に取るといいですね。

まとめ

ポリフェノールが体にいいってことは、よ~く分かりました。

もちろん薬ではないので、多く摂取すれば効果てき面ではないことも理解しました。

ワインはほどよく嗜むのが楽しい。

健康のためには、地中海ダイエットを実践していければいいなと思います。

地中海ダイエットとは、オリーブオイルをたっぷり使い、新鮮な野菜、肉類や魚類に少しナッツを加えることにより、心臓や血管系の病気を少なくする効果があるんだとか。

これなら、続けられそうですね。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ