じめじめした梅雨時に合うおすすめワイン7選!湿気が不安だけど保存方法はどうすればいい?

ワイン 梅雨

春の陽気な気候の次にくるのは夏の猛暑の前の梅雨の時期。

梅雨のもたらす影響は、農作物など夏の前の大切な時期でもありますが、天候の優れない日々が続きますので、あまり好きではない方も多いと思います。

湿度と雨の多い中で気分も優れませんが、ここはいっそのこと美味しいワインで梅雨の時期を乗り切ってしまいましょう。

梅雨の時期に楽しんでほしいおすすめワインをピックしてみました。

是非参考にしてみてください。

-----スポンサーリンク-----

じめじめした梅雨時に合うワインの特徴

5月末から6月は梅雨前線の影響で日本各地が湿気の多いジメジメした気温に、連日降る雨が特徴なのはみなさんご存知かとは思いますが、ワインはどういったものをチョイスすればいいのか迷ってしまいますよね。

参考にしていただきたいことは、この時期に旬の食材を探していただくことです。

さすがに梅雨に合うワインというと、雨に合うワイン?湿気に合うワイン?とよくわからないことになってしまいますので、ここはまず日本の四季を存分に利用した食材を探していきましょう。

そして、この蒸し暑い時期には赤ワインよりも白ワインやロゼワイン、スパークリングワインなどが、爽快にお楽しみいただけるのではないでしょうか。

もちろん、夏でもやっぱり濃くて重い赤ワインが飲みたいという方はもちろんいいと思います。

食事と一緒であくまでも好みや、個々の感覚なので、その部分は大切にしていただいた方がいいでしょう。

梅雨におすすめのワイン7選

ジメジメした梅雨の季節は爽快さのあるワインで吹き飛ばしてしまいましょう。

個人的な感覚ですがいくつか紹介しましすね。

アルト・ド・カントナック・ブラウン

  • 生産者 シャトー・カントナック・ブラウン
  • タイプ 白ワイン
  • 味わい フルーティー
  • 品種 ソーヴィニヨン・ブラン90%、セミヨン10%
  • 生産地 フランス ボルドー マルゴー

ボルドーのカントナック村から造られる優秀なワインです。

爽やかさと、程よい甘味がたまらなく美味しいワインです。

キンキンに冷やしてお飲みください。

シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン・ブラン

  • 生産者 シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン
  • タイプ 白ワイン
  • 品種 ソーヴィニヨン・ブラン80%、セミヨン20%
  • 生産地 フランス ボルドー ペサック・レオニャン

隠れた人気のボルドーのワインです。

特にヨーロッパではかなりの方に多くの支持を獲得している信頼のある味わいです。

玄人の方にもウケがいい、熟成もできるタイプのワインです。

ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・レ・クル

  • 生産者 ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ
  • タイプ 白ワイン
  • 味わい すっきり
  • 品種 シャルドネ 100%
  • 生産地 フランス ブルゴーニュ

あの有名なロマネ・コンティを手がける共同責任者が生産しているワインです。

ブルゴーニュの白ワインの中でも外してほしくない、誰でも楽しめるワインです。

温度帯によっても味わいが変わってくるので、いろいろな楽しみ方があるので大変オススメです。

マルサネ・ブラン

  • 生産者 シャルロパン
  • タイプ 白ワイン
  • 品種 シャルドネ 100%
  • 生産地 フランス ブルゴーニュ マルサネ

実はブルゴーニュ地方の中では隠れた優れもの。

こちらの地方のワインは是非お楽しみいただきたいワインです。

キレのいい酸味に芳醇な果実味ものってくるワインは、飲む人を虜にしてくれます。

見た目はシンプルですがその美味しさは開けた人にしかわからない1本です。

キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ

  • 生産者 カパンネッレ
  • タイプ 赤ワイン
  • 味わい ミディアムボディ
  • 品種 サンジョヴェーゼ
  • 生産地 イタリア トスカーナ

キャンティの代名詞とも言えるカパンネッレは少し温度を低めにしても美味しくいただけます。

あまり冷やしすぎてしまうと香りが閉じてしまうのでほどほどに。

安心感のある味わいは、ジメジメのシーズンには安らぎをあたえてくれます。

エステート・セレクション・ザ・プラトー・ピノ・ノワール

  • 生産者 シレーニ・エステート
  • タイプ  赤ワイン
  • 味わい ミディアムボディ
  • 品種 ピノ・ノワール 100%
  • 生産地 ニュージーランド

ベスト・バリューのピノ・ノワールにはふさわしい1本でしょう。

ニューワールドですが、ブルゴーニュの上級ワインを彷彿とさせる味わいです。

トータルバランスのいい、大変優秀なワインですが、この季節には常にストックしておきたいワインです。

おそらくすぐに飲んでしまうでしょう。

ポールズ・レーン・ピノ・ノワール

  • 生産者 トゥーランギ
  • タイプ  赤ワイン
  • 味わい ミディアムボディ
  • 品種 ピノ・ノワール100%
  • 生産地 オーストラリア

まだまだ若いワイナリーですが、その技術やブドウ造りには定評のあるワインです。

テロワールを最大限に引き出し、上品かつ、バランスのいいワインに仕上がっています。

おそらく不味いを言う人はいないでしょう。

飲んで確かめてみてください。

このワインの良さを感じられるでしょう。

ワインの保存方法はどうすればいい?

特に暑くなってくる梅雨の時期にワインの保存方法は気になるかとは思いますが、ワインセラーのない方が大半かと思います。

しかし焦って冷蔵庫での保存はNGですよ。

もし保存するワインがコルクキャップの場合は、冷蔵庫内の湿度が低いため、コルクが乾燥してしまい膨張してしまうので開かなくなってしまう恐れがあります。

こうなってしまってはせっかくの美味しいワインもそもそも飲めずのパターンです。

なるべく暑くても常温の方がオススメでもあります。

直射日光の当たらない床下などが一番いいでしょう。

それが北方向の薄暗い場所なら文句なしです。

意外とやってしまいそうな感じですが、冷蔵庫に入っていては邪魔ですし、その方が簡単かと思います。

気軽に楽しむにはその方がいいでしょう。

まとめ

  • 爽やかなワインが暑い季節にはぴったり。
  • 食事は旬なものをチョイス。
  • 保存は常温でも大丈夫。

いかがでしたでしょうか。

何かと蒸し暑い季節でとにかく最初はビールなんて方も多いと思います。

でもここはおしゃれに、かつ簡単にワインを楽しむのも非常に楽しい季節です。

この機会に美味しいワインを探してみてください。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ