ワインの冬でも美味しいおすすめの飲み方 温度や保管方法はどうすればいい?

ワイン 冬

寒い季節に飲むワインは格別なものがございます。

季節もそうですが、クリスマスや年末年始など色々なイベントが目白押しの季節に、ここぞとばかりにいいワインを飲むのも楽しみですよね。

もちろんお財布もある程度は緩む時期かと思いますので。

今回はそんな冬の時期に是非お楽しみいただきたいワインや、保存方法などをご紹介いたしますね。

参考にしてみてください。

-----スポンサーリンク-----

寒い日におすすめのワインの飲み方

まず、寒い日のワインは、キンキンに冷えた白ワインを飲むのは少々大変かと思います。

白ワイン

もちろんお好きであればよろしいかとよろしいかと思いますが、オススメは白ワインでもあまり冷やさず温度の少し高い設定で飲むことです。

特にアルコール感の高い白ワインは、少し温度を高めにして飲むことで香りや味わいは、冷やしたワインよりもまた違った楽しみ方ができるようになります。

酸味が柔らかく南の方の地域で作られたワインでしたら、芳醇な果実感をお楽しみいただくことができるかと思います。

赤ワイン

また赤ワインい関してはこの時期さらに美味しく感じることができるでしょう。

夏の食事とうって変わって、冬の食事になると味付けが少々濃くなります。

それに合わせてワインも味を濃くしていくことができますし、またお料理との相性も抜群です。

暑い時期の間はどうしてもワインは軽めで爽やかお飲みいただくことが季節感もあり大変よろしいかと思いますが、煮込み料理や、イベントの際の豪華な食事の際も、赤ワインは食卓を彩る大きな主役となってくれるでしょう。

シャンパン・スパークリングワイン

もう1つ忘れてはいけないのは、シャンパンや、スパークリングワインのような泡ものです。

こちらは通年通して大活躍しそうなものですが、シャンパンは大変高価なワインですので、こういった節目節目にいいものを飲んでいただくのも格別な雰囲気がお楽しみいただけると思います。

街のスーパーやお酒屋も、この時期はシャンパンコーナーを設けるほどの需要の高い季節です。

流れに乗って一気に乾杯もいいですね。

ワインを温めて飲むのはあり?

いわゆるホットワインは冬のワインの代名詞ではないでしょうか。

基本的には赤ワインは常温でお召し上がりいただき、白ワインは冷やして楽しむことが通常ですが、寒い時期や、ヨーロッパ諸国ではワインをあたためて楽しむことも非常に多いです。

日本でもその楽しみ方をされている人もたくさんいらっしゃるかと思いますが、ただ温めただけではあまり美味しくないのでワインに一手間加えることで、より飲みやすく美味しいワインに仕上がります。

はちみつやシナモン、グローブ、砂糖、フルーツ類を入れ味を整えてから温めていくことで、本格的なホットワインとなります。

ワインの苦手な方でもカクテル感覚でお召し上がりいただけるので是非試してみてください。

-----スポンサーリンク-----

冬のワインの保存方法は?

寒い冬位の時期のワインの保存方法は、夏の暑い時期同様に変わらず常温がベストかと思います。

冷蔵庫の保存は湿気がないのであまり中に入れっぱなしはよくないので、なるべく外の湿度がある場所での保存が望ましいでしょう。

あまり気になさらないで楽しんでみてください。

冬におすすめのワイン5選

シャトー・カロン・セギュール

  • 生産者 シャトー・カロン・セギュール
  • タイプ ワイン 赤ワイン
  • 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン66%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド2%
  • 生産地 フランス ボルドー サン・テステフ

なにかとイベントの多い冬の時期には絶対重宝する最高のボルドーのワインです。

ハートのマークがメインの、しっかりとした骨格のあるワインは、煮込み料理や、お肉料理などに大変相性のいいワインです。

また、贈り物などにも使われる定番ワインですが、この時期必ず活躍してくれるでしょう。

ベヌアーラ

  • 生産者 クズマーノ
  • タイプ ワイン 赤ワイン
  • 味わい フルボディ
  • 品種 ネロ・ダーヴォラ70%/シラー30%
  • 生産地 イタリア シチリア

イタリアはシチリア地方の最高のワインの造り手といっても過言ではないでしょう。

暖かい地域で生産されるため、ブドウもよく熟し果実味の多い濃厚なワイン仕上がる傾向があります。

しかしこちらのワイナリーは決して下品なものにせず、飲み手を意識した品のあるワインに仕上げております。

見つけたら是非お手にとってみてください。

クラシック・ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン

  • 生産者 クロ・デュ・ヴァル
  • タイプ ワイン 赤ワイン
  • 品種 カベルネ・ソーヴィニョン82%、メルロ8%、カベルネ・フラン 7%、プティ・ヴェルト&プティ・シラー5%
  • 生産地 アメリカ カリフォルニア ナパ

カリフォルニアワインを世界的に有名にした本命ワインがこちらの造り手です。

以前はフランスのボルドーの著名なシャトーのワインにも勝った極上のワインですが、日本にも多くのファンがいる安心したクオリティのワインです。

ボディはしっかりしていますが、カリフォルニア特有の果実味が大変魅力的で心地いい、特に寒い時期の食事を連想させてくれます。

バレンタインの時期にはオリジナルのボトルも存在するので、チェックしてみてください。

ルイ・ロデレール ブリュット・ヴィンテージ・ロゼ

  • 生産者 ルイ・ロデレール
  • タイプ ワイン ロゼスパークリング
  • 品種 ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
  • 生産地 フランス シャンパーニュ

シャンパンはどの時期も食卓を色どってくれますが、特にこのロゼは季節を感じさせる素晴らしワインです。

酸味、果実味をとってもバランスのいいワインで、決してロゼといって甘くないので、お食事も非常に合わせやすいものとなっています。

「まずい」と言っている方なんて聞いたことないくらい、信用、信頼の置けるこの時期に最も手にとってほしいワインでしょう。

サン・トーバン プルミエ・クリュ アン・レミリー

  • 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ
  • タイプ ワイン 白ワイン
  • 品種 シャルドネ100%
  • 生産地 フランス ブルゴーニュ サン・トーバン

オリヴィエ・ルフレーヴのお値打ちワインがこちらです

上記のように少し高めの温度でお楽しみいただくのがコツです。

冬にも楽しい白ワインがあなたを待っています。

まとめ

  • 冬でも少し温度を高めの白ワインは美味しい。
  • ホットワインはフルーツなど、フレーバーを加えるとさらに飲みやすくなる。
  • ワインの保存は常温でも大丈夫。

いかがでしたでしょうか。

特に寒い季節は食事も味が濃くなってくるので、ワインもそれに合わせて味わいも濃くしていくこともあります。

ホットワインのように工夫をしていただいてもいいですし、何かと楽しいワインのシーズンに突入します。

色々試してみてください。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ