毎日の食費を節約する賢い主婦の知恵4つ!月1万円の貯金が可能に!

食費 節約
©USDAgov

節約の時に目に見えてやりやすいのが「食費」ですよね。

しかし毎日の食事を減らすわけにもいきません。

小さな子供がいる家ではなるべくなら食品の品質も下げたくはありませんよね?

節約が苦手な主婦は毎月のように食費赤字を出してしまっています。

もし毎月食費が余っている主婦でも、実は予算が大きいから食費赤字が出ないだけ・・・なんて主婦もいますし、食費が黒字だったからと言って結局黒字部分で無駄遣いしてしまう人もいるようです。

しかし、4つのポイントを抑えるだけで毎月の食費が1万円も貯金に回すことが可能になるんです!

ぜひご家庭の食費を見直してみてください!

-----スポンサーリンク-----

平均的な食費っていくらぐらい?

では実際に平均的な食費はどれくらいなんでしょうか?

4人家族の平均は6〜7万円と言われています。

結構大きい金額なのでこれだったら1ヶ月余裕で生活することが可能ですよね?

しかし実際にこんなにもらえている主婦は少ないようですし、もしもらっていてもうまく節約できずに「足りない・・・」と旦那さんに言ったら「こんなにあげてるんだから!」と追加でもらえなかったと言う話もよく聞きます。

そのためパートで補ったり、節約をしているようです。

しかし、そもそも平均的な食費はあくまで「平均」です。

もっと少額でやりくりしている主婦はたくさんいます!

食費の節約をする4つのポイント

私は私と1歳半の娘の2人暮らしですが、子供が小さく食費もそんなにかからないので大体1.5人の計算で食費を計算しています。

だいたい月に1万円から2万円で抑えるように心がけています。

多くても15000円程度で済むことが多いので5000円ほどは毎月余ります。

貯金を増やしたい時は1万円で済ませてしまいます。

どうすれば1人1万円の食費で済ませることができるんでしょう?

本当にお得?まとめ買いの注意点

私はまとめ買いをお勧めしますが、まとめ買いができない人もいるでしょう。

しかし、両方ともポイントさえ押さえれば節約は可能ですし、まとめ買いのメリットも毎日買いのメリットもあります。

週に一度の休みに一週間分の食材を一気に買い物をしていませんか?

その買った食材の使い道はしっかり決まっていますか?

まとめ買いが無駄になる奥様も多いと思いますが、買い物の際に「安いから」と言って不必要な大きさのものを買っているような方をよくスーパーで見かけます。

それはただの無駄遣いでしかありません。

「安いから」1本100円の大根を買ったとします。

では1週間でその大根は使い切れますか?

必要なのは「安い商品を使い切れる量買うこと、余った分をどう活用するかまでしっかり考えること」なんです。

先週買ったもの、冷蔵庫に余っている食品をしっかりメモを取り、今週必要な食材だけを買うことが節約のポイントです。

毎日買いの注意点

毎日スーパーに行くメリットは「見切り品」です。

今日使うものなら多少痛んでいても問題はありません。

しかしここで必要なのは「レシピのバリエーション」です。

傷みかけの食材はその日その日で何が残っているかわかりません。

その時残っていた商品で何を作れるかをしっかり考えることができる方にはお勧めです。

見切り品も当日もしくは2〜3日以内に使い切れる分のみを買うように気をつけましょう。

プライベートブランドの活用

プライベートブランドの食品も今は多く出ています。

私も昔は「プライベートブランドなんて・・・」とバカにしていましたが、最近ではバカにできないと実感しています。

プライベートブランドは自社での製品生産流通を行なうため販売価格を大幅に抑えることが可能です。

ペットボトルのお茶やジュースも安く購入できた方がお得ですよね!

冷凍保存の活用で食材の無駄を0に

私は食材をまとめ買いする派です。

レシピを1週間分で考えて一気に買いますが、どうしてもちょっこっと余ってしまったり、仕事の都合でなかなか料理が作れなくなってしまった時に食材を痛めてしまうこともありました。

しかし、最近では一切そんな無駄は出しません!

最近では冷凍保存術を覚えたからです!

買ってきて冷蔵庫にお野菜を入れておくだけでなく、傷みやすい食材は料理にあった下処理をしてさっさと冷凍してしまいます。

下処理しても冷凍すると美味しくなくなる食材に関しては2〜3日中に使ってしまいます。

長持ちするからといって放置することもしません。

食材を使ったらそのまま全部処理して全部冷凍します。

その時にフリーザパックに食材名、処理法、日にちを記入しておくと次に使う時に便利かもしれませんね!

-----スポンサーリンク-----

いくら節約できた?

実際いくらの節約ができたのか気になるところですよね?

私が節約を始める前はコンビニ大好きだったこともあり、1ヶ月で4〜5万円も使っていたんです・・・

1.5人で明らかに使いすぎですよね・・・

しかし食材を節約するようになって1ヶ月でなんと1万円の節約に成功しました。

こんなにすぐに成果が出たことに驚きと感動を覚え毎月頑張るようになりましたが、今では2万以内に収まるようになって節約前の半分以下になったんです!

私はお米などの数ヶ月に一度かかってくる急な出費に備えて、お米を買った月以降の食費のあまりはお米代として避けておくようにしています。

そして次のお米購入をしてもまだ余るようなら貯金という具合で行っています。

10キロのお米が大体2ヶ月でなくなるので、毎月1万円食費が余っていると考えても2ヶ月で1万円〜1万5千円の貯金ができることになります。

まとめ

  • 節約には食材の使い切りを重視した買い物が大切!
  • プライベートブランドを活用しましょう
  • 食材の冷凍保存で利用期間を長く

毎月必ずかかってくる食費を少しでも抑えることによって月に1万円以上の節約は可能です。

そして光熱費と違って食費は節約したというのが毎月目に見えてわかる出費です。

食材を無駄にしてしまうということはお金を捨ててしまっていることと同じなんです。

捨てるお金は最小限に!

今まで捨ててしまっていたお金で貯金を増やしたり、デザートを1品多くしたりもできるんですよ!

是非ともご自身に合った節約術を身につけましょう!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ