▼「知識・教養」の記事一覧(3 / 5ページ)

誤解が多い「破天荒」の本来の使い方・どんな性格の人を指す?

破天荒

「破天荒」というと文字の感じから、荒々しくて豪快な人を思い浮かべませんか? しかし、それは本来の使い方ではありません。 本来の意味は何でしょうか。

保証・保障・補償の意味・違いと使い分け 保険やメーカー・学力はどれを使う?

「ほしょうする」という言葉は、いろいろな場面で聞きますね。 いざ、漢字にしようと思うと、保証・保障・補償、どれを使えばいいのか迷うことはありませんか。 ここでは、保証・保障・補償の意味・違いと使い分けを調べてみました。

「苦渋」と「苦汁」の違い・意味と使い方 「辛酸」や「煮え湯」とはどう違う?

苦渋 苦汁

よく政治家のコメントなどに使われる「苦渋の決断」という慣用句があります。 うっかり「苦汁の決断」と書いてしまうことはありませんか? 「苦汁の決断」は、間違いなのでしょうか。 ここでは、「苦渋」と「苦汁」の意味や使い方の違・・・

誤用が多い「檄(げき)を飛ばす」の意味・語源と正しい使い方の例文

「ゲキを飛ばす」の「ゲキ」を漢字で書いたらどうなるでしょうか? 答えは、「きへん」の「檄」。 「さんずい」の「激」ではありません。 でも、「ゲキ」ってそもそも、何?

間違い注意!「気が置けない」の意味・語源と使い方 「気の置けない人」ってどんな人?

「気が置けない人」ってどんな人のこと? 気をつかわないといけない、あまり親しくない人? 気をつかわなくてよい、とても親しい人? どちらでしょうか。

誤用が多い「なし崩し」の意味・語源は?正しい使い方と例文 言い換えると何?

なし崩し

分かったようで分からない表現というのがあります。 たとえばテレビ番組のコメンテータがする「このまま、なし崩し的に〇〇になってしまっては、いけませんね」なんて、発言。 あの「なし崩し」って、一体どういう意味で使われているの・・・

俄然と断然の違い・意味と使い方は?間違いやすいので注意!

俄然 断然

AとBの会話。 A「肉まんとピザまんだったら、私はガゼン、肉まんがいいな」 B「それ、おかしいよ」 A「え? ガゼン、肉まんでしょう!」 B「そうじゃなくて……ダンゼン、肉まんなの!」 「俄然」と「断然」って、どう違うの・・・

姑息な手ってどんな手?由来や正しい意味・使い方の例文 間違いやすいので注意

「姑息(こそく)」って、イヤな雰囲気を持つ言葉ではありませんか? 少なくとも「あいつは姑息なヤツだ」なんて言われたくない!ですよね。 私は「コソク」という音にも、「姑息」という字面にも、神経を逆なでされるような気がします・・・

確信犯=故意犯は誤用!正しい意味と使い方・代替の言葉とは?

みんなで掃除を始めようとしたら、「あ、ちょっと用事があるから」といなくなる人。 面倒な仕事の割り振りの時だけ、「今、とても忙しいので、私には無理です」と逃げる人。 つい「あの人、『確信犯』じゃない?」と言いたくなります。・・・

敷居が高いの意味は正しくはハードルが高いではない!言い換えるとすれば何?

敷居が高い

「駅前に新しいフレンチレストランができたね。一度行ってみたいな」 「高級過ぎて、お高そう。敷居が高いよ」 「確かに、そうだね…」 こんな会話をした経験はありませんか。 でも、「敷居が高い」って、「高級すぎて無理!」「ハー・・・

役不足・力不足・役者不足の違い・意味と使い方 間違いやすいので注意!

役不足 力不足

「役不足」「力不足」「役者不足」。 よく似た言葉ですね。 これらは、一体、何が何に対して不足しているのでしょうか。

小春日和を春に使うのは間違い?正しい意味と使い方 具体的にいつ?

小春日和 意味

厳しい冬の寒さも終わり、春の到来を感じる頃には、暖かで気持ちよい晴れの日が続きますね。 「ああ、小春日和だなあ」とつい口に出したくなりますが… 違うのです。 「小春日和」は「春」の気候ではないのです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ